Rakuten infoseek

辞書

ぴたり【ピタリ】

デジタル大辞泉

ぴたり
[副]
すきまなく密着しているさま。「先頭にぴたり(と)つく」
少しの狂いもないさま。また、うまく適合するさま。「計算がぴたり(と)合う」「意見がぴたりと一致する」
急に、完全に止まるさま。また、止めるさま。「ぴたり(と)泣きやむ」「酒をぴたり(と)やめる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぴたり
( 副 )
すき間なくついているさま。 「 -(と)貼り合わせる」
食い違いがなく合っているさま。 「勘定が-(と)合う」 「占いが-(と)当たる」
急に、または、すっかり止まるさま。 「しゃっくりが-(と)止まる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぴたり
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 物と物とがすきまなくくっつくさまを表わす語。
※俳諧・伊勢山田俳諧集(1650)長抜書「うかりける人にひたりといだき付 まだまま母としらぬこころね」
※婦系図(1907)〈泉鏡花〉前「両膝にぴたりと手を置き」
② 目標に合わせて、急に、きちんと止まるさま、また、止めるさまを表わす語。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「若引たら尻からぴたりト、まづなんでも遣って見ろト」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「足音は寝室の障子の前へ来てぴたりと已む」
③ きちんとした強い調子で、また、礼儀正しく折目をつけて、物事をするさまを表わす語。おじぎをするさま、すわるさまにいう場合が多い。
※湯島詣(1899)〈泉鏡花〉三八「ぴたりとお辞儀をした」
④ 非常にうまく、きちんと事が運ぶさま、また、非常にうまく適合、的中するさまなどを表わす語。
※爛(1913)〈徳田秋声〉三五「事件の片がぴたりついて了った」
⑤ 平手などでたたく音を表わす語。
※湯島詣(1899)〈泉鏡花〉四八「平手で横顔をぴたりと当てる」
⑥ 水が物にゆるくぶつかるさまを表わす語。
※沈黙の塔(1910)〈森鴎外〉「汐は鈍く緩く、ぴたりぴたりと岸の石垣を洗って」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぴたり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぴたりの関連情報

他サービスで検索

「ぴたり」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.