Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ぴいん

精選版 日本国語大辞典

ぴいん
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 細く、鋭く、張りのある感じ、また、そういう感じの音を表わす語。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉九七「相撲取が一生懸命に呶鳴る声だから木霊致してピーンと山間に響きました」
② 勢いよく、まっすぐに張りきっているさま、力が満ち満ちて、引きしまって張りのあるさまを表わす語。
※火事の夜まで(1923)〈今野賢三〉「手足の冷たさが、あたまのしんまでぴいんと突き透るやうな気がする」
③ 直感するさま、はっきりと手ごたえの感じられるさまを表わす語。
※昭和孝子伝(1936)〈獅子文六〉二「妾(わたし)それを聞いて、ピーンと第六感にきたわ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぴいん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぴいんの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.