Rakuten infoseek

辞書

びんた【ビンタ】

デジタル大辞泉

びん‐た
《「ぴんた」とも》
他人のほおを平手で打つこと。「びんたをくらわす」「往復びんた
頭髪の鬢(びん)の部分。また、頭・首。
「―打ちきられてたまるものか」〈伎・宇都谷峠〉
[補説]古くは2の意で用いられ、1は軍隊用語から広まったとみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

びんた
日本のテレビドラマ。放映はTBS系列(1990年1月~3月)。全12回。コメディー。脚本:尾西兼一。出演:賀来千香子、清水宏次朗、高岡早紀ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

びんた
〔「ぴんた」とも〕
他人のほおを平手で打つこと。横びんた。 「往復-」 「 -をくう」
びんのあたり。あたま。 「私わつちの-を打切る権まく/怪談牡丹灯籠 円朝

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びんた」の用語解説はコトバンクが提供しています。

びんたの関連情報

他サービスで検索

「びんた」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.