Rakuten infoseek

辞書

びたびた【ビタビタ】

デジタル大辞泉

びた‐びた
[副](スル) 不快なほど濡れているさま。
「この―する雨気の中に」〈朔太郎・厭らしい景物〉
[形動]に同じ。
「まわりがとばしりで―になって」〈三重吉の実〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

びたびた
[1] スル
はなはだしく濡れているさま。 袢天が-に濡れて/永日小品 漱石
男女の仲が深いさま。べたべた。 あたまから、-さするをとこ有/仮名草子・難波鉦
[0] 形動
に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びた‐びた
[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① なまめかしく寄りそうさま、男女間の情がしつこいほど深いさまなどを表わす語。べたべた。
※評判記・難波鉦(1680)一「けいせいにふらるるおとこあり。あたまから、びたびたさするおとこ有」
② 物が気持のわるいほどぬれているさま、また、そういうものが触れ合うさまを表わす語。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕
[2] 〘形動〙 気持の悪いくらいぬれているさま。
※永日小品(1909)〈夏目漱石〉人間「たださへ色の変った袢天がびたびたに濡れて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びたびた」の用語解説はコトバンクが提供しています。

びたびたの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.