Rakuten infoseek

辞書

びく【ビク】

デジタル大辞泉

びく
耳たぶ。耳朶(じた)。
「耳の―が薄くおはしけり」〈太平記・九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

びく
耳たぶ。耳朶じだ。 「耳の-が薄くおはしけり/太平記 9」 「ミミノ-/日葡」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びく
〘名〙
① 縄を編んで作った、物を盛って運搬する道具。畚(ふご)の類。〔書言字考節用集(1717)〕
② (魚籠) 取った魚を入れるための器。籠びく、箱びく、桶びく、網びくなど種類が多い。魚籃(ぎょらん)
※雑俳・俳諧觿‐一三(1797)「夕日の潜る尾久のしら魚」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びく
〘名〙
① 耳たぶ。耳朶(じだ)
※太平記(14C後)九「徳つけ奉らんと思ひたれば、耳のびくが薄く坐しけると欺いて、空笑してこそ返しけれ」
② 牛の首の垂れ下がった部分。また、鶏の両頬の垂れ下がった部分。〔名語記(1275)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

びくの関連情報

他サービスで検索

「びく」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.