Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

びくびく【ビクビク】

デジタル大辞泉

びく‐びく
[副](スル)
絶えず恐れや不安を感じて落ち着かないでいるさま。「いつもびくびく(と)している」
身体の一部が細かく震え動くさま。「手がびくびく(と)震える」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びく‐びく
[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 体や体の一部などがこまかくふるえ動くさまを表わす語。〔名語記(1275)〕
※京大本湯山聯句鈔(1504)「畢逋と云は、鴉尾をびくびくと飛てするなりぞ」
② 不安や恐怖などのために絶えずおびえ恐れるさまを表わす語。びくりびくり。
※浮世草子・世間胸算用(1692)三「門の戸のなるたびに、女房びくびくして」
[2] 〘形動〙 (一)②に同じ。
※防雪林(1928)〈小林多喜二〉九「ウロウロしてゐる百姓達はビクビクに、一日一日を送って行かなければならなかった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びくびく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

びくびくの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.