Rakuten infoseek

辞書

ひし【ヒシ】

デジタル大辞泉

ひし
災いのもと。災難。破滅
「浮き名に沈む水底の、皆身の―とは知りながら」〈浄・五人兄弟〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひし
災難。身の不幸。破滅。 「頼もしだてが身の-でだまされさんした/浄瑠璃・曽根崎心中」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひし【菱・
〘名〙
ヒシ科の水生一年草。各地の池沼に生える。前年泥中に落ちた果実から芽を出して長い茎を水面にのばし、先端に菱状三角形の葉を多数放射状につける。葉柄は中空でふくれ、浮袋の役割をする。夏、葉腋から出た柄の先に小さな白い四弁花が咲く。果実は扁平で横長のほぼ菱形で両側に鋭いとげがあり、中に一個の種子が含まれる。種子は多肉質の子葉をもち食用になる。漢名、。《季・夏》
※古事記(712)中・歌謡「歯並は 椎比斯(ヒシ)なす 櫟井(いちひゐ)の 丸邇坂(わにさ)の土(に)を」
② 植物「はまびし(浜菱)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
③ 武器の一種。刺股(さすまた)状の刃に長い柄をつけたもの。
※大智度論平安初期点(850頃か)「若し橛、若し鏘(ヒシ)をもて人を傷けしむ」
④ 鉄製で菱の実の形をして、先端をとがらせたとげをつけたもの。戦場や河中に立て、また、まきちらして、敵の進攻を妨げるのに用いる。→鉄菱。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑤ (籗) 漁具の一つ。柄の先に二股の鉄の刃をつけたもので、魚を突き刺して捕える道具。〔十巻本和名抄(934頃)〕
⑥ 紋所の名。菱形を組み合わせなどして図案化したもの。菱持・幸(さいわい)菱・三蓋菱・松皮菱・違菱・四つ割菱・五つ菱などがある。〔装束抄(1577頃)〕
⑦ 「ひしぬい(菱縫)」の略。
※梅松論(1349頃)下「練貫の小袖の上に赤糸の鎧の、ひしの板より切捨たるに」
⑧ 「ひしがた(菱形)」の略。
⑨ とがった角をもつ崖。菱根(ひしね)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひし
〘名〙 わざわい。災難。破滅。すべて身の不幸不利益となることをいう。
史記抄(1477)一五「念比に始終漢のひしになるやうなる処をば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ひしの関連情報

他サービスで検索

「ひし」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.