Rakuten infoseek

辞書

のんし

精選版 日本国語大辞典

のん‐し
(終助詞の「のん」と「し」とが重なったもの) 終止した文や感動詞を受け、軽く念を押す。
洒落本・田舎芝居(1787)五立目「『向ふの方からしょなめきが来もすはよ』『ホンニのんし』」
[補注]受けるべき文を省略した結果、一見感動詞のように文頭に用いられることもある。「『ヤット御成人じゃ』『ノンシ。兼て爺様(とっさま)が話さっしゃるには』」〔開化の入口〈横河秋濤〉三〕など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のんし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

のんしの関連情報

他サービスで検索

「のんし」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.