Rakuten infoseek

辞書

のんこ髷【ノンコマゲ】

デジタル大辞泉

のんこ‐まげ【のんこ×髷】
江戸時代、元禄享保(1688~1736)ごろに流行した髪形。両鬢(りょうびん)を細く狭くとり、を高く結ったもの。男女の伊達者が好んだ。のんこわげ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のんこ‐わげ【のんこ×髷】
のんこまげ」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

のんこわげ【のんこ髷】
江戸時代の髪形の一。元禄(1688~1704)から享保年間(1716~1736)にかけて流行。両鬢りようびんを細く狭く残し、まげを高くするもの。若い男女の間に行われた、伊達だてな風俗であった。のんこまげ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のんこ‐まげ【のんこ髷】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のんこ‐わげ【のんこ髷】
〘名〙 江戸時代、元祿(一六八八‐一七〇四)から享保(一七一六‐三六)にわたって、侠客・遊女など、だて者の男女の間に流行した髪形。両鬢(びん)を細く狭くとり、髷を高く結ったもの。のんこまげ。のんこがみ。のんこ。
浮世草子・好色産毛(1695頃)三「中居・腰本ぐらいの一季の給銀打こみても出来ぬ着物こしらへて、〈略〉のんこ曲(ワゲ)の細しまだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のんこ髷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

のんこ髷の関連情報

関連キーワード

井原西鶴元禄Jamesフリードリヒウィルヘルム検地ジェームズ[2世]メアリー[2世]高橋安之丞幇間表具屋節

他サービスで検索

「のんこ髷」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.