Rakuten infoseek

辞書

のろり【ノロリ】

デジタル大辞泉

のろり
[副]
こせこせしないでのんびりしているさま。
「―と育って世間の塩風の辛いのも寒いのも知らぬ男」〈露伴・露団々〉
漫然と振る舞うさま。ふらりと。
「露地の中から、蜥蜴(とかげ)のように、―と出て」〈鏡花・日本橋〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

のろり
( 副 )
(多く「と」を伴って)
動作の鈍いさま。のろのろ。のんびり。 「 -と人の顔を見る/大内旅宿 虚子
なんとなく。ふらりと。 「ゆふべ-と帰つた所が、内へは這入られねえから/滑稽本・浮世風呂 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のろり
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① はっきりした理由もなく漫然とふるまうさまを表わす語。ふらり。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「ゆふべのろりと帰(けへ)った所が、内へは這(へ)入られねへから」
② こせこせしないで、悠長であるさまを表わす語。のんびり。
※俳諧・江戸新八百韻(1756)「見送りの逆櫓にもとる鈴の森〈米仲〉 のろりと遣ふ鶴の泥足〈亀成〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のろり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

のろりの関連情報

他サービスで検索

「のろり」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.