Rakuten infoseek

辞書

のらつく【のらつく】

大辞林 第三版

のらつく
仕事をなまけて、ぶらぶらと日を送る。 懐手して-・きくらす程の仕合せ/滑稽本・世中貧福論

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のら‐つ・く
〘自カ四〙 (「つく」は接尾語) 仕事もしないで、ぶらぶらして暮らす。酒色などにふけって、遊びくらす。のらめく。
※談義本・教訓雑長持(1752)二「月代そるの、飯くふのと、十分に野楽(ノラ)つき、玄関の外に欠伸の数々聞ゆるに気が付」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のらつく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

のらつくの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.