Rakuten infoseek

辞書

のらくら【ノラクラ】

デジタル大辞泉

のら‐くら
[名・形動]怠けて遊んでいること。また、そのさまや、その人。「のらくら者」
「彼のような―な息子を生んだことを」〈佐藤春夫・都会の憂鬱〉
[副](スル)
ぬらりくらり2」に同じ。「のらくら(と)した返事」
ぬらりくらり3」に同じ。「毎日のらくら(と)過ごす」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

のらくら
スル
のらりくらりに同じ。 相変わらず-している -(と)遊び暮らす
のらりくらりに同じ。 いつ出来上がるのか聞いても-(と)はっきりしない
なまけて遊んでいること。また、そのようなさまや人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のら‐くら
[1] 〘〙 (多く「と」を伴って用いる)
※俳諧・誹諧曾我(1699)兄「のらくらと寺百性の師走哉〈如雪〉」
※鳩翁道話(1834)二「蛇はのらくらとゆがむが持合せなれど」
[2] 〘名〙 (形動) なまけて遊んでいること。また、そのさまやそういう者。
※談義本・教訓乗合船(1771)一「ほうらつ、不行跡〈略〉のらくらを親兄弟にも見かぎられ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のらくら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

のらくらの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.