Rakuten infoseek

辞書

のめる【ノメル】

デジタル大辞泉

のめ・る
[動ラ五(四)]からだが前に倒れる。前に倒れそうになる。「つまずいて―・る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

のめる
古典落語の演目ひとつ。「二人癖」とも。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

のめる
( 動五[四] )
倒れるように前に傾く。前に倒れかかる。 「石につまずいて-・る」 「つん-・る」 「自分は-・るやうに前に倒れて寝返りした/ふらんす物語 荷風
ある状況や物事の中に引き込まれるようにはいる。 「次第に過激な思想へと-・っていった」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のめ・る
〘自ラ五(四)〙
① 前へ倒れる。はいつくばう。倒れるように前に傾く。前に倒れかかる。かたむく。
※上杉家文書‐元亀四年(1573)三月五日・上杉謙信輝虎書状「身之当口へ之無手透処を見聞申、様々のめり出候」
※浄瑠璃・山崎与次兵衛寿の門松(1718)上「ぎゃっと言わせ頭顛倒(づでんどう)、腹這いにはったとのめらせ」
② 腹を抱えて笑う。
浮世草子・けいせい手管三味線(1726)一「口利天職十九人、おかしいぞおかしいぞ、のめるぞのめるぞとさはいで」
③ ある状況・環境・考えなどの中に、引き込まれるようにはいる。また、心がすっかりある物事に傾く。夢中になる。
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)二「中絶せし此里へ来り、あげや町をのめりて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のめる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

のめるの関連情報

他サービスで検索

「のめる」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.