Rakuten infoseek

辞書

のめり込【のめりこむ】

精選版 日本国語大辞典

のめり‐こ・む【のめり込】
〘自マ五(四)〙
① のめってはいり込む。前に倒れるようにしてはいり込む。また、無遠慮にはいり込む。
※歌舞伎・男伊達初買曾我(1753)二「廓へのめり込む地廻り共も」
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉八五「其儘土手の草を攫んだなり川の中へのめり込んで仕舞ひました」
② ある状況・環境・考えの中に、抜け出せなくなるほどすっぽりとはいり込む。
※忘却の河(1963)〈福永武彦〉五「その中心部に向ってまっしぐらにのめり込んで行ってる、という感じです」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のめり込」の用語解説はコトバンクが提供しています。

のめり込の関連情報

他サービスで検索

「のめり込」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.