Rakuten infoseek

辞書

のめずり込【のめずりこむ】

精選版 日本国語大辞典

のめずり‐こ・む【のめずり込】
〘自マ五(四)〙
① のめって落ち込む。
※歌舞伎・吾嬬下五十三駅(天日坊)(1854)二幕「お三婆(ばば)あが囲炉裏の中へのめずり込んでゐる」
② ふらふらとはいり込む。いつとなくはいり込む。
※黄表紙・寿御夢相妙薬(1784)「唄の稽古に遣れば十露盤(そろばん)の師匠の所へのめずり込(コ)み」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のめずり込」の用語解説はコトバンクが提供しています。

のめずり込の関連情報

他サービスで検索

「のめずり込」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.