Rakuten infoseek

辞書

のめす【のめす】

大辞林 第三版

のめす
( 動五[四] )
前へ倒れるようにさせる。のめらせる。 「相手の体をはたいて-・す」
動詞の連用形の下に付いて、徹底的に…するの意を表す。 「たたき-・す」 「しゃれ-・す」 「ぶち-・す」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のめ・す
[動サ五(四)]
前へ倒す。のめらせる。「突いて―・す」
動詞の連用形のあとに付いて、その行為を徹底的にする意を表す。「打ち―・す」「しゃれ―・す」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のめ・す
〘他サ五(四)〙
[一]
① のめるようにさせる。前へ倒す。ころばせる。のめらせる。
② だます。たぶらかす。→かきのめす
※洒落本・嘉和美多里(1801)「そんなにのめしても今時のお客はそふはいかねヱ」
③ (「くいのめす」の略か) さかんに食べる。日光山輪王寺三仏堂で、五月二日に行なう修験道の行事である強飯(ごうはんしき)の際、強飯僧が受者に膳を勧めるとき、「のめせ」「のめそう」などということから。
※俳諧・広原海(1703)四「能くのめせとは日光の責詞」
[二] 補助動詞として用いる。動詞の連用形に付いて徹底的にその行為をする意を表わす。すっかり…する。
※浄瑠璃・山崎与次兵衛寿の門松(1718)下「打のめしても腹いねど」
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)二番目「彼奴が焼餠にゃア手こずりのめした」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のめす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

のめすの関連情報

他サービスで検索

「のめす」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.