Rakuten infoseek

辞書

ので【ノデ】

デジタル大辞泉

ので[接助]
[接助]《準体助詞「」+格助詞」から》活用語連体形に付く。あとの叙述の原因・理由・根拠・動機などを表す。「辛い物を食べたので、のどが渇いた」「朝が早かったので、ついうとうとする」「盆地なので、夏は暑い」
[補説]近世中ごろから用いられ、明治に入って一般化した。また、前件が理由となって後件のような結果の生じることが、だれの目から見ても当然と思われるような場合に用いられるとされる。「から」に比べるとあらたまった感じを伴うが、くだけた表現の場合、「あまり暑いんで閉口した」のように「んで」となることもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

の‐で[連語]
[連語]《準体助詞「」+断定の助動詞「」の連用形》…のもので、…のことで、の意を表す。「これは私のでのはあれだ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ので
( 接助 )
〔準体助詞「の」に格助詞「で」が付いてできたもの。一説に、「で」は断定の助動詞「だ」の連用形の「で」からとも。近世末期以降の語。話し言葉でのくだけた言い方では「んで」の形でも用いられる〕
活用語の連体形に接続して、既定の順接条件を表す。すなわち、因果関係で結ばれる二つの事柄が、一般的に言って明らかな事実であるような場合に、その原因・理由・根拠などを表すのに用いる。「家族が多い―、出費もたいへんだ」「遅くなりました―、失礼いたします」。また、「…というので」「あまり…ので」の形で慣用的に用いられることもあり(「君が来いという―、ついて来たのだ」「あまりおかしい―、笑ってしまった」)、倒置して「ので」で文を結ぶこともある(「まいったな。どうしてもと言いはる―」)。 〔理由・原因を表す接続助詞「から」との相違について。「ので」は因果関係が客観的事実に基づいているような場合に用いられるのに対し、「から」は、推量・禁止・命令・質問など、話し手の主観に基づくような場合に用いられる。一般に、「ので」は、「から」に比べて、条件としての独立性が弱い場合に用いられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ので
( 連語 )
〔準体助詞「の」に断定の助動詞「だ」の連用形「で」の付いたもの〕 …のものであって。…ことであって。 「これは僕-、君のはそっちのほうだ」 「僕がしかられた-、君には関係のない事だ」
〔準体助詞「の」に格助詞「で」が付いたもの〕 …ことによって。 「彼が偏屈なことは、親しい友達の少ない-わかる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ので」の用語解説はコトバンクが提供しています。

のでの関連情報

他サービスで検索

「ので」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.