Rakuten infoseek

辞書

のっそり【ノッソリ】

デジタル大辞泉

のっそり
[副]動作がのろいさま。また、行動が緩慢で、とらえどころがないさま。「熊がのっそり(と)穴から出てくる」「のっそり(と)立ち上がる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

のっそり
スル
動作がにぶく、ゆっくりしているさま。 -(と)起きあがる うちへ帰つて、-してゐる時ですら/門 漱石
ぼんやりと立っているさま。 薄くらがりに何やら-と立っている

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のっそり
[1] 〘副〙 「のそり」をやや強めたいい方。
※雑俳・丹舟評万句合(1704‐11)「のっそりと相おもはじの立わかれ」
※仏国風俗問答(1901)〈池辺義象〉男女の身の丈及び其の歩き方「英国人は、ノッソリと高く」
[2] 〘名〙 動作ののろい人をさしていう。
※五重塔(1891‐92)〈幸田露伴〉一「よしまたのっそりに命(いひつ)けらるればとて彼奴(あれめ)に出来る仕事でもなく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のっそり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

のっそりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.