Rakuten infoseek

辞書

のたる【のたる】

大辞林 第三版

のたる
( 動四 )
はって行く。うねるようにして進む。のたくる。 「うはばみ霞版を-・る山の岫/談林十百韻」
倒れる。 「あんまさん-・られまいと夜そばいい/雑俳・川柳評万句合」
苦しみもだえる。のたうつ。 「手負ておいはうんとばかりに-・りまわるを/塩原多助一代記 円朝
( 動下二 )
に同じ。 「そこら構はずふんぞつて-・れてござれ/浄瑠璃・鑓の権三

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のた・る
[動ラ五(四)]這(は)う。這っていく。
「堂社の縁の下、石材(いし)や材木と一所に―・っている宿なし同然な身の上だで」〈鏡花・日本橋〉
[動ラ下二]這う。また、倒れる。
「そこらは構はず踏ん反って、―・れてござれ」〈浄・鑓の権三

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のた・る
[1] 〘自ラ五(四)〙
① はう。はい進む。いざって行く。また、うねるようにして進む。のたくる
※俳諧・談林十百韻(1675)下「親はそらにて鳥の巣はなれ〈在色〉 うははみは霞をのたる山の岫〈雪柴〉」
② 路傍などに倒れる。のたれ死にをする。
※雑俳・川柳評万句合‐安永元(1772)智三「あんまさんのたられまひと夜そばいい」
③ のたうつ。もだえる。
※歌舞伎・法懸松成田利剣(1823)大切「『苦しいわいなア』トのたるを押へて思ひ入れあり」
④ ぶらぶら歩く。うろつく。遊び回る。
[2] 〘自ラ下二〙 ⇒のたれる

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のたる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

のたるの関連情報

他サービスで検索

「のたる」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.