Rakuten infoseek

辞書

のしのし【ノシノシ】

デジタル大辞泉

のし‐のし
[副]からだの重いものがゆっくりと歩くさま。のっしのっし。「のしのし(と)巨体を運ぶ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

のしのし
大きくゆったりと足をふみしめて歩くさま。のっしのっし。 関取が-(と)歩いてくる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のし‐のし
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 力強く、しかもゆっくりと歩むさまを表わす語。重々しい足取りをいう。のっしのっし。
※虎明本狂言・魚説経(室町末‐近世初)「だうしは、かうらいざめの上にのしのしとはへのぼり」
② 広く大きなさまを表わす語。
※玉塵抄(1563)六「のしのしとけたかう材木にあかせて物だくさんにつくった家の心ぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のしのし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

のしのしの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.