Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ねんね【ネンネ】

デジタル大辞泉

ねん‐ね
[名](スル)《「ね(寝)る」の「ね」を重ねた「ねね」の音変化》
寝ること、眠ることをいう幼児語。「坊やはよい子だねんねしな」
赤ん坊。転じて、年齢のわりに幼稚で、世間を知らないこと。また、その人。「からだは大きいが、まだねんねで困る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねん‐ね
〘名〙 (「ねる(寝)」の「ね」を二つ重ねた「ねね」の変化した語)
① (━する) 寝ること、眠ることをいう幼児語。
※俳諧・当流籠抜(1678)「二つ三の子とも片敷苔莚〈木兵〉 岩が根枕ねんねんねんね〈鉄〉」
※人情本・仮名文章娘節用(1831‐34)後「もうまっくになりますから、お寐(ネ)んねがよふござります」
② 赤子(あかご)。赤ん坊。小児。
※雑俳・柳多留‐六(1771)「おとなしくせぬとねんねをよそへ遣る」
③ 人形をいう幼児語。
※人情本・風俗粋好伝(1825)前「コレ母さま。私や美い衣服も着たくはない〈略〉。手振の人形(ネンネ)も入りませぬ」
④ 子どもではないのに、赤ん坊のように幼稚なこと、また、そのような人であることをあざけっていう語。
※二人女房(1891)〈尾崎紅葉〉上「阿郎(あなた)、不断の挙動(しうち)を御覧なさいな。まるで孩嬰(ネンネ)ぢゃございませんか」
⑤ 寝間があること。文政・天保(一八一八‐四四)ごろ流行した語。
※当世花詞粋仙人(1832)「ねまがあるを、ねんね」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねんね」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ねんねの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.