Rakuten infoseek

辞書

ねつ【ねつ】

大辞林 第三版

ねつ
( 名 ・形動 )
〔形容詞「ねつい」の語幹から。中世末から近世へかけての語〕
念入りな・こと(さま)。 〔日葡〕
心の底に含むところのある・こと(さま)。いやみ。 「はあ-な事をば言やるなう/浄瑠璃・八百屋お七」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねつ
〘名〙 (形容詞「ねつい」の語幹から)
① (形動) 物事をゆっくりと正確にすること。熱心であること。また、そのさま。
※日葡辞書(1603‐04)「Netçuna(ネツナ)〈訳〉ネツイと同じ。下(シモ)
② (形動) いやみなこと。皮肉なさま。いやがらせ。
※浄瑠璃・八百屋お七(1731頃か)上「ここへたった今幽霊が出ましたら、怖しがって泣かしゃうがの。ハアねつな事をば言やるのふ」
③ 文句。非難。抗議。
※浮世草子・当世銀持気質(1770)一「きのふのねつを持て見えたと心得、気の毒さうな顔すれば」
④ 不可能なこと。無理。
※新撰大阪詞大全(1841)「ねついふとは むりいふこと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねつ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ねつの関連情報

他サービスで検索

「ねつ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.