Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

【ヌ】

デジタル大辞泉

ぬ[五十音]
五十音図ナ行の第3音。歯茎鼻音の有声子音[n]と母音[u]とから成る音節。[nu]
平仮名「ぬ」は「奴」の草体から。片仮名「ヌ」は「奴」の(つくり)から。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬ[助動]
[助動][〇|ず(ん)|ぬ(ん)|ぬ(ん)|ね|〇]《文語の打消しの助動詞「」の連体形が口語の終止形となったもの》助動詞」「たい」を除く活用語の未然形付く。
打消しの意を表す。「まか種は生え」「思わ叫ぶ」「勉強をしない生徒がよい成績をとれるはずがありませ
(「てはいかん」「てはならぬ(ん)」の形で)禁止の意を表す。「高山植物を採ってはいか
(「ねばならぬ(ん)」「ねばなるまい」の形で)当然・義務の意を表す。「明日は会社に八時までに行かばなら
(「ずともよい」「ぬともよい」「んでもいい」の形で)許容・許可の意を表す。「君は行かともよい」「風邪をひいているから風呂はわかさでもいい」
(文末にあって「ん」「ぬ(ん)か」の形で)催促・勧誘・依頼の意を表す。「早く起きか」「あなたも体操をなさいませか」
「三谷さんに一服さしあげて下さいませ?」〈康成・千羽鶴〉
[補説]打消しの助動詞は、共通語においては「ない」を用いるのが普通で、「ます」に続く「ん」以外の「ぬ(ん)」は、主に文語的表現や慣用句的表現に使われるだけであるが、関西を中心とする西部の方言では「ぬ(ん)」が広く用いられる。連用形「ん」は「んで」「んでも」の形で用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬ[助動]
[助動][な|に|ぬ|ぬる|ぬれ|ね]《動詞「い(去)ぬ」から出た語》動詞・動詞型活用語の連用形に付く。
動作・作用が完了または実現したことを表す。…た。…てしまう。…てしまった。
「夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを雲のいづこに月やどるらむ」〈古今・夏〉
(多く「なむ」「ぬべし」「ぬらむ」の形で)動作・作用の確認または強意を表す。きっと。確かに。
「春ごとに花のさかりはありめどあひ見む事は命なりけり」〈古今・春下〉
「今度のいくさには相違なく勝ちとおぼゆるぞ」〈平家・七〉
(「ぬ…ぬ」の形で)動作・作用の並列または継続を表す。…たり…たり。…したし…した。→たり
「備中守浮き沈みし給ひけるを」〈平家・九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五十音図第5行第3段の仮名。平仮名の「ぬ」は「奴」の草体から、片仮名の「ヌ」は「奴」の旁(つくり)からできたものである。万葉仮名では「奴、農、濃、怒、努(以上音仮名)、沼、宿、寐(以上訓仮名)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(奴)」「(怒)」「(努)」「(駑)」などがある。

 音韻的には/nu/で、舌先と上歯茎との間を閉じた舌内鼻音の[n]を子音にもつ。中央語では室町時代の末ごろまで連声(れんじょう)が盛んで、これによって生じた「ぬ」もあった(「寒雲(カンヌン)」「本有(ホンヌ)」「関羽(クヮンヌ)」……)。

[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

〘助動〙 (活用は「な・に・ぬ・ぬる・ぬれ・ね」。用言の連用形に付く。完了の助動詞。動詞「往ぬ」の「い」が脱落したものといわれる)
① 動作・作用の発生または継続推移が完了したこと、終わった状態になること、またそれを確認する気持を表わす。…するようになった。…してしまった。…してしまう。
※古事記(712)中・歌謡「畝火山 木の葉さやぎ奴(ヌ) 風吹かむとす」
※土左(935頃)承平四年一二月二六日「みやこいでてきみにあはんとこしものをこしかひもなくわかれぬるかな」
② 動作・状態の実現・発生することを確言する気持を表わす。きっと…する。…してしまう。今にも…しそうだ。多くの場合、下に推量の助動詞を伴う。また命令形を用いて、確実な実行を求める意を表わす。
※古事記(712)上・歌謡「ぬばたまの 夜は出で那(ナ)む」
※徒然草(1331頃)一三七「咲きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ見所おほけれ」
③ 「…ぬ…ぬ」の形で、二つの動作が並列して行なわれていることを表わす。→完了の助動詞「たり」
※浜松中納言(11C中)四「かきくらし晴れせぬ雪の中にただ明けぬ暮れぬとながめてぞ経る」
[語誌](1)主として、意志を持った行為でない、無作為・自然に発生推移する動作作用を表わす動詞に付き、「つ」と対照される。また、「ぬ」は自動詞に、「つ」は他動詞に付くという傾向のあることが近世以来認められている。
(2)ナ行変格の動詞には付かないといわれているが、「死ぬ」については、中世、「今昔‐二」の「其の詞(ことば)終らざるに、即ち、死にぬ」などの例がある。
(3)③のような「…ぬ…ぬ」の形ではないが、「金刀比羅本保元‐中」に「院も合戦の紛なれば、供御(ぐご)もまいらずして、きのふも暮ぬ、今夜もあけなむとす」のような、終止形を用いた中止用法が中世以後に多くみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘助動〙 (活用は「◯・ず・ぬ・ぬ・ね・◯」。動詞形活用語の未然形につく。サ変動詞の場合は未然形のうちの「せ」) 打消を表わす。文語の助動詞「ず」の連体形「ぬ」が終止法に用いられて現代の書きことば的また慣用的な表現に使われているもの。現代の話しことばでは、「ません」の場合を除いて打消にはふつう「ない」が用いられる。ただし、本州中部以西では話しことばでも「ぬ」を使うことが多い。→ずに。「買わば損」「現物を見ずに買う」
※中華若木詩抄(1520頃)中「花も去年見しにかわらぬ。人も去年見し人に、かわらぬ」
※洒落本・郭中奇譚(1769)船窓笑語「利八けふはまだべたべたした口合(じぐち)を出さぬナア」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉六「女は粛然として、焦(せ)きもせず、狼狽(うろたへ)もせず、〈略〉身に落ちかかる災を知らぬとすれば無邪気の極である。知って、災と思はぬならば物凄い」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(打消の助動詞「ず」の連体形) ⇒ない〔助動〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぬの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.