Rakuten infoseek

辞書

【ニ】

デジタル大辞泉

に[五十音]
五十音図ナ行の第2音。歯茎鼻音の有声子音[n]と母音[i]とから成る音節。[ni]
平仮名「に」は「仁」の草体から。片仮名「ニ」は「二」の全画。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

に[助動]
[助動]
《断定の助動詞「なり」の連用形》⇒なり[助動]
《完了の助動詞「ぬ」の連用形》⇒[助動]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

に[格助・接助・終助・並助]
[格助]名詞、名詞に準じる語、動詞の連用形・連体形などに付く。
動作・作用の行われる時・場所を表す。「三時間に合わせる」「紙上発表する」
「熟田津(にきたつ)―舟(ふな)乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」〈・八〉
「二十一日、卯(う)の時ばかり―船出(い)だす」〈土佐
人・事物の存在や出現する場所を表す。「庭池がある」「右見えるのが国会議事堂です」
動作・作用の帰着点・方向を表す。「家着く」「東向かう」
「蟻のごとくに集まりて、東西―急ぎ、南北―走(わし)る」〈徒然・七四〉
動作・作用・変化の結果を表す。「危篤陥る」「水泡帰する」
「青葉―なり行くまで、よろづにただ心をのみぞ悩ます」〈徒然・一九〉
動作・作用の目的を表す。「見舞い行く」「迎え行く」
「白馬(あをうま)見―とて里人は車清げにしたてて見―行く」〈・三〉
動作・作用の行われる対象・相手を表す。「人よくかみつく犬」「友人伝える」
「人―若菜給ひける御歌」〈古今・春上・詞書〉
動作・作用の原因・理由・きっかけとなるものを示す。…のために。…によって。「あまりのうれしさ泣き出す」「退職金をもとで商売を始める」
「春の野に若菜摘まむと来(こ)しものを散りかふ花―道はまどひぬ」〈古今・春下〉
動作・作用の行われ方、その状態のあり方を表す。「直角交わる」「会わず帰る」
「桐の木の花、紫―咲きたるはなほをかしきに」〈・三七〉
資格を表す。…として。「委員君を推す」
「はじめより我はと思ひあがり給へる御方々、(桐壺ノ更衣ヲ)めざましきもの―おとしめそねみ給ふ」〈・桐壺〉
10 受け身・使役の相手・対象を表す。「犬かまれた」「巣箱を子供たち作らせる」
「ありがたきもの、舅(しうと)―ほめらるる婿」〈・七五〉
11 比較・割合の基準や、比較の対象を表す。「君似ている」「一日三回服用する」
「御袴着(はかまぎ)のこと、一の宮の奉りし―劣らず」〈・桐壺〉
12 (場所を示す用法から転じて、多く「には」の形で)敬意の対象を表す。「博士は古稀(こき)の祝いを迎えられた」「先生はいかがお過ごしですか」
「うへ―も聞こしめして渡りおはしましたり」〈・九〉
13 (動詞・形容詞を重ねて)強意を表す。「騒ぎ騒ぐ」
「風いたう吹き、海の面(おもて)ただあし―あしうなるに」〈・三〇六〉
14 「思う」「聞く」「見る」「知る」などの動詞に付いて状態・内容を表す。
「この継母の有様をあたらしきもの―思ひて」〈・帚木〉
15 比喩(ひゆ)の意を表す。
「逢坂をうち出でて見れば近江の海白木綿花(しらゆふはな)―波立ち渡る」〈・三二三八〉
[接助]活用語の連体形に付く。
あとの叙述の前置きとして続ける意を表す。…と。…ところ。「考えてみる庶民のための政治は当分望めそうにない」「こともあろう警官にけんかを売るとは」
「あやしがりて寄りて見る―、筒の中光りたり」〈竹取
理由・原因を表す。…ので。…だから。
「渡し守、はや舟に乗れ、日も暮れぬと言ふ―、乗りて渡らむとするに」〈伊勢・九〉
逆接の確定条件を表す。…けれども。…のに。…だが。
「日中の照りに乾いて、きょうは道が好かった―、小庭の苔はまだ濡れている」〈鴎外・蛇〉
「よろしうよみたりと思ふ歌を人のもとにやりたる―、返しせぬ」〈・二五〉
添加・並列を表す。…のに加えて。…の上にさらに。
「旅の空を思ひやるだにいとあはれなる―、人の心もいと頼もしげには見えずなむありける」〈かげろふ・上〉
[補説]接続助詞「に」は、用言の連体形に付く格助詞「に」から転じたもので、1は口語では多く「要するに」「こともあろうに」などの慣用的表現として用いられる。
[終助]
《上代語》活用語の未然形に付く。他に対してあつらえ望む意を表す。…てほしい。
「ひさかたの天路(あまぢ)は遠しなほなほに家に帰りて業(なり)をしまさ―」〈・八〇一〉
《近世語》活用語の終止形に付く。軽く注意を促したり、とがめたりする意を表す。…のにな。…のだぜ。
「飯をたいたら、かゆになってしまうわな。米をたくといへばいい―」〈滑・膝栗毛・初〉
[並助]並列・列挙・添加・取り合わせを表す。「バターチーズ牛乳」「月むら雲、花嵐」
「有識(いうそく)―公事(くじ)のかた、人の鏡ならんこそいみじかるべけれ」〈徒然・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

五十音図ナ行第二段。硬口蓋鼻音の有声子音と前舌の狭母音とから成る音節。
平仮名「に」は「仁」の草体。片仮名「ニ」は「二」の全画。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 助動 )
〔打ち消しの助動詞「ず」の古い連用形。上代語〕
…ないで。…ないので。 「己おのが緒を盗み殺せむと後しりつ戸よい行き違ひ前つ戸よい行き違ひ窺はく知らと御真木入日子はや/古事記 」 「春されば我家わぎえの里の川門かわとには鮎子さ走る君待ちがて/万葉集 859」 〔上代でも「知らに」「飽かに」「かてに」など、付く語は限られている〕 → ず(助動)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 助動 )
〔断定の助動詞「なり」の連用形〕
断定の助動詞「なり」に同じ。 「かぐや姫のいはく、月の都の人て、父母あり/竹取」 「いかばかりの昔の仇敵かおはしけむとこそ思ほゆれ/源氏 真木柱」 「人などに立ちまじるべき有さまもなく見苦しくやせ衰へ/讃岐典侍日記」 〔「にあり」 「になし」 「にして」 「にて」 「にや」などの形で用いられることが多い〕 → なり(助動)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 助動 )
〔完了の助動詞「ぬ」の連用形〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 格助 )
〔上代から用いられている語で、動作・作用が行われ、また存在する、時間的・空間的な位置や範囲を示すのが本来の用法〕
時を指定する。 「五時-起きる」 「仕事の合間-本を読む」
場所・範囲を指定する。 「アパート-住む」 「空-星がまたたく」
目標・対象などを指定する。 「読書-熱中する」 「魚釣り-行く」 「君-見せてやろうか」
帰着点や動作の及ぶ方向を表す。 「家-たどりつく」 「車-乗る」 「危篤きとく-おちいる」
動作・作用の起こる原因やきっかけを表す。 「山登り-夢中になる」 「前祝い-酒を飲む」 「恐ろしさ-ふるえる」 「やぶ蚊-苦しむ」
比較・割合の基準を表す。 「一か月-二日の休み」 「親-似ぬ子」 「子-まさる宝はない」
動作・作用の起こるみなもとを表す。 「人-ぶたれる」 「盗人ぬすつと-金をとられる」
ある資格をもつという意を表す。として。 「ごほうび-千円もらう」 「浅緑いとよりかけて白露を珠-もぬける春の柳か/古今 春上
変化する結果を表す。 「学者-なる」 「星-なりたい」
動作・状態の行われ方・あり方を表す。 「左右-ゆれる」 「ぴかぴか-光る」
(多く「には」「にも」などの形で)尊敬すべき主語を表すのに用いる。 「陛下-は、両三日御休養の御予定であります」
(「…には…が」の形で、活用語の終止形に付いて)条件付きの許諾の意を表す。 「行く-は行くが、しばらく待ってくれ」 「いい-はいいが、値段が高い」
(同じ動詞を重ねた間に用いて)程度のはなはだしいことを表し、その動詞の意を強める。 「待ち-待ったこの日」 「斬り-斬って斬りまくる」
動作が行われる手段・方法を表す。で。によって。 「この皮衣は火-焼かむに、焼けずはこそまことならめと思ひて/竹取」
状態を認定するのに用いる。のように。の状態で。 「花ぞむかしの香-にほひける/古今 春上
( 並立助 )
から転じた用法〕 名詞および準体助詞「の」に付いて、同趣のものの添加、対比・取り合わせなどの意を表し、また、対等に並べあげるのに用いる。 「月-むら雲」 「ロイドめがね-燕尾服えんびふく」 「古いの-新しいのと、いろいろ組み合わせる」 「米-みそ-醬油-、何から何まで足りないものばかりだ」
( 接助 )
から転じた用法〕
動詞の終止形に付いて、本論を述べる前の前置きを表す。
「思う-、国際情勢は悪化の一途をたどっている」 「一言で言ってみる-、…」
(「…もあろうに」の形で)逆接的な意を表すのに用いる。 「こともあろう-、飲酒運転するとは」
(動詞の連体形に付いて)
前件から後件へ、時間的に継起していることを表す。…すると。…したところ。 「あやしがりて寄りて見る-、筒の中光りたり/竹取」
前件が後件の原因・理由であることを表す。ので。から。 「舟とく漕げ、日のよき-/土左」
逆接の条件を表して、前件から予想される結果が後件と食い違う場合に用いる。のに。が。 「しばしかなでて後、抜かんとする-、大方抜かれず/徒然 53
(「むに」の形をとって)前件が後件の仮定条件に立つ場合に用いる。 「たまさかにても、かからむ人をいだしいれて見む-、それにますことあらじ/源氏 紅葉賀
( 終助 )
からさらに転じてできた用法〕
(「…うに」「…ように」の形をとって)言いきかせたり、あわれみ惜しむ意を添えるのに用いる。 「さぞお嘆きだったでしょう-」 「ああしておけばよかったろう-」
〔近世の用法〕 人の注意をうながす意を添える。 「しづかにしなさろ、むすめが目をさます-/滑稽本・膝栗毛 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 終助 )
〔上代語〕
動詞・助動詞の未然形に付き、他に対してあつらえ望む意を表す。…してほしい。 「ひさかたの天路は遠しなほなほに家に帰りて業をしまさ-/万葉集 801

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


五十音図第5行第2段の仮名。平仮名の「に」は「仁」の草体から、片仮名の「ニ」は「二」からできたものである。万葉仮名では「爾、邇、二、仁、人、日、尼、耳、而、柔、珥、貳(以上音仮名)、丹、荷、煮、似、煎(以上訓仮名)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(仁)」「(尓)」「(耳)」「(丹)」「(二)」「(尼)」などがある。
 音韻的には/ni/で、前舌面と硬口蓋(こうこうがい)との間で閉鎖ができる[]を子音にもつ。中央語では室町時代の末ごろまで連声(れんじょう)が盛んで、これによって生じた「に」もあった(「嗔恚(シンニ)」「村邑(ソンニウ)」……)。[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

[1] 〘格助〙
① 動きや状態の成り立つ状況を表わす。
(イ) 動作や状態の成り立つ時を表わす。
※万葉(8C後)六・九七一「白雲の 龍田の山の 露霜に 色づく時(に) 打ち越えて 旅行く君は」
※徒然草(1331頃)七四「夕いねて朝おく、いとなむ所何事ぞや」
(ロ) 動きや状態が成り立つ場所を表わす。
※万葉(8C後)三・二五二「荒栲の藤江の浦(ニ)鱸釣る海人とか見らむ旅行く我れを」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)旅立「三里灸すゆるより、松嶋の月先心にかかりて」
(ハ) 動きや状態がその中で成り立つ環境、情勢を表わす。
※万葉(8C後)三・四一五「家にあらば妹が手まかむ草枕旅(ニ)臥やせるこの旅人あはれ」
※徒然草(1331頃)二四〇「梅の花かうばしき夜の朧月たたずみ」
(ニ) 動きや状態が成り立つ原因、理由、機縁などを表わす。
※万葉(8C後)二〇・四三三七「水鳥の発(た)ちの急(いそ)(ニ)父母にもの言(は)ず来(け)にて今ぞ悔しき」
※古今(905‐914)春下・一一六「春の野に若菜摘まんと来しものを散りかふ花道はまどひぬ〈紀貫之〉」
② 動作や作用の結果生ずるものや、状態を表わす。
(イ) 「なる」「なす」「す(する)」など、実質概念を欠く動詞による結果の状態を表わす。
※万葉(8C後)一二・三〇八六「中々に人とあらずは桑子(くはこ)(ニ)もならましものを玉の緒ばかり」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「いたくわづらひて尼なりにけるとぶらはむとて」
(ロ) 物を作り出す動きによってできる物を表わす。
※万葉(8C後)二〇・四三二七「我が妻も絵(ニ)描き取らむ暇(いつま)もが旅行く我れは見つつ偲はむ」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)日光「旅立暁、髪を剃て墨染さまをかえ」
③ 「思う」「聞く」「知る」「見る」などの心理活動、感覚活動の内容を表わす。
※万葉(8C後)一五・三五九六「吾妹子が形見(ニ)見むを印南都麻(いなみつま)白浪高み外(よそ)にかも見む」
※平家(13C前)一一「大納言それをば猶かなしき事おぼして」
④ 動きのありさまをくわしく表わす。
(イ) 動きの様態をくわしく表わす。
※古事記(712)下「足もあがか(ニ)嫉妬(ねた)みたまひき」
※竹取(9C末‐10C初)「人に紙をもたせてくるしき心ちからうじて書き給ふ」
(ロ) (動詞の連用形を受け、「…に…」の形で同じ動詞を繰り返し用いて) 動きの程度が十分すぎること、また、甚だしいことを強調する。「ひた走りに走る」「大もめにもめる」などのように初めの連用形に接頭語が付くこともある。
※古事記(712)上「十挙剣を乞ひ度して三段に打ち折りて〈略〉さ噛み(ニ)噛みて」
※土左(935頃)承平五年二月九日「かはの水なければ、ゐざりのみぞゐざる」
(ハ) 動きの方法をくわしく表わす。
※万葉(8C後)一四・三四一八「上つ毛野佐野田の苗のむら苗(ニ)事は定めつ今はいかにせも」
※平家(13C前)一「十四五六の童部を三百人揃て、髪を禿きりまはし、あかき直垂をきせて」
⑤ 動きの目的を表わす。
(イ) 移動、動作の目的を表わす。
※万葉(8C後)一七・三九九四「白波の寄せ来る玉藻世の間も続(つ)ぎて見(ニ)来む清き浜傍(はまび)を」
※竹取(9C末‐10C初)「筑紫の国に湯浴みまからん」
(ロ) 動きの用途や資格を表わす。
※古事記(712)上・歌謡「八雲たつ 出雲八重垣 妻ごみ(ニ) 八重垣作る その八重垣を」
※徒然草(1331頃)一八二「乾鮭と云ものを、供御まゐらせられたりけるを」
⑥ 移動の行く先や方向を表わす。
※古事記(712)中・歌謡「尾張(ニ)(ただ)に向へる」
伊勢物語(10C前)五「東の五条わたりいと忍びて行きけり」
⑦ 表面に付いたり、中に入り込んだりする対象を表わす。
※古事記(712)上「曾毘良(ニ)は千入(ちのり)の靫を負ひ」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)立石寺「閑さや岩しみ入蝉の声」
⑧ 話したり会ったり与えたりなど、ある動作を行なう相手を表わす。
※万葉(8C後)二〇・四二九三「あしひきの山行きしかば山人の朕(われ)(ニ)得しめし山づとそこれ」
※源氏(1001‐14頃)浮舟「内記、案内よく知れるかの殿の人問ひ聞きたりければ」
⑨ 動作、態度のかかわる対象を表わす。
(イ) 心理的な活動の対象を表わす。
※万葉(8C後)一九・四二四四「あらたまの年の緒長く我が思へる子ら(ニ)恋ふべき月近づきぬ」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)武隈の松「武隈の松こそめ覚る心地はすれ」
(ロ) ある態度を示す動作の対象を表わす。
※万葉(8C後)一七・三九二二「降る雪の白髪までに大君(ニ)仕へまつれば貴くもあるか」
※徒然草(1331頃)二一七「限りある財をもちて、限りなき願したがふ事、得べからず」
⑩ 状態や性質に関して比較する基準を表わす。
※万葉(8C後)八・一五八四「めづらしと我が思ふ君は秋山の初黄葉(ニ)似てこそありけれ」
※平家(13C前)一「風の前の塵同じ」
⑪ ある動作・作用を行なう道具や材料を表わす。
※万葉(8C後)七・一三五一「月草(ニ)衣は摺らむ朝露に濡れての後はうつろひぬとも」
※徒然草(1331頃)一七六「御薪すすけたれば、黒戸といふとぞ」
⑫ 使役動詞で示される動作の働きかけが及ぶ対象を表わす。
※万葉(8C後)一八・四〇六七「二上の山に隠れる霍公鳥今も鳴かぬか君(ニ)聞かせむ」
※伊勢物語(10C前)七八「人々歌よませ給ふ」
⑬ 受身表現での動作の主体を表わす。
※万葉(8C後)五・八〇四「か行けば 人(ニ)厭はえ かく行けば 人(ニ)憎まえ」
※徒然草(1331頃)一一五「いろをしと申ぼろ殺されけりと承りしかば」
⑭ 成否、巧拙、好悪などを問題にする対象を表わす。
※徒然草(1331頃)一二二「詩歌たくみに、糸竹妙なるは」
⑮ ある属性や能力を持っている対象を表わす。
※万葉(8C後)八・一四五六「この花の一節のうち(ニ)百種の言ぞ隠れるおほろかにすな」
※徒然草(1331頃)七二「賤げなる物、居たるあたり調度の多き、硯筆の多き、仏堂仏の多き」
⑯ ある物事の有無を問題にする対象のものを表わす。
※土左(935頃)承平五年一月九日「きしもいふことあるべし。ふねもおもふことあれど、かひなし」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)福井「むかし物がたりこそかかる風情は侍れ」
⑰ あり場所を示すことによって、婉曲にそこにいる人が動きの主体であることを表わす。
※落窪(10C後)二「今は世になくなりたれば、我こそ領ぜめ」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「弘徽殿は久しく上の御局にも、参(ま)う上り給はず」
⑱ 似合いのものを添加したり、物事を並べ挙げたりする意を表わす。
※源氏(1001‐14頃)胡蝶「なでしこの細長、此の頃の花のいろなる御小うちき、あはひけちかう今めきて」
※徒然草(1331頃)一二三「止むことを得ずしていとなむ所、第一食物、第二着る物、第三居る所也」
※譬喩尽(1786)三「月村雲(むらくも)風」
[2] 〘接助〙
① 述語用言の連体形をうけ、句と句とを接続する。
(イ) 並列・前置き・継起等の関係を表わす。
※土左(935頃)承平四年一二月二七日「かくうたふ、ふなやかたの塵も散り、空ゆく雲も漂ひぬ」
※方丈記(1212)「これをありしすまひにならぶる、十分が一なり」
(ロ) 順接条件を表わす。→補注。
※竹取(9C末‐10C初)「親達のかへりみをいささかだに仕うまつらで、まからん道も安くもあるまじき日比も出ゐて、今年ばかりの暇(いとま)を申つれど」
※伊勢物語(10C前)六二「涙のこぼるる、目も見えず、物もいはれず」
(ハ) 逆接条件を表わす。→補注。
※伊勢物語(10C前)二三「よろこびて待つ、たびたび過ぎぬれば」
※古今(905‐914)雑上・八八四「あかなくまだきも月のかくるるか山のはにげていれずもあらなん〈在原業平〉」
② ①
(ハ) の用法の、下の句を省略したところから終助詞的に用いる。逆接的な余情を含んだ感動や、かすかな不満の気持を表わす。主として近世以後の用法。
※梵舜本沙石集(1283)八「『なにとして、かく云つる』と問へば」
※咄本・醒睡笑(1628)八「鼠が着た物をふまばむさからうず
[補注](二)①(ロ) (ハ)の用法で、推量の助動詞「む」をうけたものは、仮定の意となる。「源氏‐真木柱」の「よばひののしり給ふ声など、思ひうとみ給はん、ことわりなり」、「徒然草‐五八」の「げにはこの世をはかなみ、必ず生死を出でんと思はん、なにの興ありてか、朝夕君に仕へ、家を顧みる営みのいさましからん」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘終助〙 文末にあって動詞・助動詞の未然形をうけ、他者の行動の実現を希望する意を表わす上代語。感動を表わす助詞「も」が下接した「にも」の形もある。
※万葉(8C後)五・八〇一「ひさかたの天路は遠しなほなほに家に帰りて業をしまさ(ニ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(上代の打消の助動詞の連用形) …ないで。…ないので。
※古事記(712)中・歌謡「己(おの)が命(を)を 盗みしせんと 後(しり)つ戸よ い行き違ひ 前つ戸よ い行き違ひ 窺(うかが)はく 知ら爾(ニ)と 御真木入日子はや」
※伊勢物語(10C前)三四「いへばえにいはねば胸にさわがれて心ひとつに歎くころかな」
[補注]上代でも、「知らに」「飽かに」「かてに」などつく語は限られているが、「知らなく」などの「な」をあわせて、「ず」の連体形「ぬ」、已然形「ね」とともに、打消の助動詞として、ナ行四段型の古い活用があったことを示している。打消の「ず」は、この「に」に「す」が付いたものの変化といわれる。→にす

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(完了の助動詞「ぬ」の連用形) ⇒

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(断定の助動詞「なり」の連用形) ⇒なり

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

にの関連情報

他サービスで検索

「に」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.