Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

にらめっこ

世界大百科事典 第2版

にらめっこ
向き合った2人が相手を笑わせようとさまざまな顔つきをする遊び。先に笑ったものが負けとなる。〈にらみくら〉〈にらめっくら〉,関西では〈にらみごく〉〈にらみくら〉などともいい,古くは〈目くらべ〉といった。《平家物語》長門本には,夢に現れたしゃれこうべ平清盛が目くらべをするように互いににらみあった話があり,《名物六帖》では,中国に〈笑令〉〈無声楽〉という遊びがあり,笙(しよう),などのまねを1人ずつして笑い出したものにを与えると説明している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

にらめっこ

互いににらみ合って、笑い出したほうを負けとする遊び。にらみくらともいい、昔は「目くらべ」とよんだ。今日のように遊戯としてばかりではなく、一種の真剣な勝負の手段でもあった。『平家物語』の、清盛(きよもり)入道が多くの髑髏(どくろ)と目くらべをして勝った話は有名である。この場合、勝つことを「目勝ち」とよんだ。遊びとしては、2人ないし数人で目を見据えてにらみ合っていて、先に笑い出したほうが負けとなる。東京付近ではこの遊びに入る前に「だるまさんだるまさん にらめっこしましょ 笑うとぬかすよ あっぷっぷ」と唱えてからにらみ合いに入る。参加者の大ぜいのときは、笑った者から抜けていき、最後に残った者が勝ちとなる。

[高野 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にらめっこ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

にらめっこの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.