Rakuten infoseek

辞書

なりと【ナリト】

デジタル大辞泉

なり‐と[副助・並助]
断定助動詞「なり」+接続助詞「と」から》名詞、名詞に準じる語、副詞活用語終止形、助詞などに付く。「なりとも」の形でも使う。
[副助]
いくつかあるもののうちの一つを、一応の例として示す意を表す。…でも。…だけでも。「見かけたときに声をかけるなりとしておけばよかった」
(「どこ」「だれ」「いつ」「なに」などの疑問語とともに用いて)漠然と指し示す、あるいは、特に限定しない意を表す。「だれなりと呼んでくれませんか」「何なりとお申しつけ下さい」→なと
[並助]どれか一つを選ぶ意を表す。「帰るなりと泊まるなりとお好きなように」→なと

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

なりと
( 副助 )
〔断定の助動詞「なり」に接続助詞「と」の付いたものから。中世末以降の語〕
体言または体言に準ずるもの、体言に格助詞の付いたもの、副詞などに付く。
他にもっと適当なものがあるかもしれないが、例えばという気持ちを込めて、ある事柄を例示する。でも。 「だれ-行きたい者は連れて行ってやる」 「少し-先へ進むよう、心がけないといけない」 「路次でお茶-申さうものを/狂言・餅酒」
(「…なりと…なりと」の形で)例として並べ挙げた中で、どれか一つを選ぶという意を表す。 「ぼくに-彼に-聞いてくれればすぐ説明してあげよう」 「括り-殺し-勝手にしや/浄瑠璃・大経師 」 〔この語は中世から近世へかけて多く用いられたが、現代語では、「なんなりと」などの慣用的な言い方以外は、副助詞「なり」のほうが多く用いられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なり‐と
〘副助〙
① =なりとも
※虎明本狂言・餠酒(室町末‐近世初)「路次でお茶なりと申さう物を」
② =なりとも
浄瑠璃大経師昔暦(1715)上「括り成と殺し成と勝手にしや」
[語誌](1)語源については「なりとも」の「も」の落ちたものとする説もあるが、「待つ人にわきて聞かせば時鳥一声なりとうれしからまし〈頼円〉」〔月詣‐四〕などという言い方、すなわち断定の助動詞「なり」に接続助詞「と」の付いたものから転じたとするのが妥当か。
(2)この語は室町後期に現われ、江戸期に多く用いられるが、「なりとも」と同じように、近代に衰え、「何なりと」のような成句以外は用法が少なくなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なりと」の用語解説はコトバンクが提供しています。

なりとの関連情報

他サービスで検索

「なりと」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.