Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

なりとも

精選版 日本国語大辞典

なり‐とも
〘副助〙 体言、用言の連用形、助詞、副詞を受ける。→語誌(1)。
① 仮にある事柄を示し、おおよその範囲を限定する。特定のものに限定し得ない時、および限定したくない時に用いる。でも。なりと。
※史記抄(1477)六「力はいかなる山をなりとも抜べしと思て」
② (①の用法を二度あるいは三度重ね用いて) いずれかを選択する意を表わす。どちらにもこだわらないことが多い。…でも…でも。なりと。
※虎明本狂言・目近籠骨(室町末‐近世初)「ほねを十六本なりとも、十八本なりとも、ほねの数をこめたを、こめほねといふ」
[語誌](1)語源は断定の助動詞「なり」に接続助詞「とも」の付いたもの。「設日本国の外なる新羅・高麗なりとも、雲のはて海のはてなりともをくれ奉るべからず」〔延慶本平家‐三末〕というような例から発して、中世末に断定の「なり」の勢力が衰えるとともに「なりとも」全体が一語の副助詞として働くようになったと思われる。その時期を明らかにすることはむずかしいが、①の挙例「史記抄」のような「を‐なりとも」は、すでに一語の助詞と認められる。
(2)この語は中世末・近世に多用されるが、近代には衰え、多くの場合「何なりとも」といった成句で使われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なり‐と‐も
[連語]なりと

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なりとも」の用語解説はコトバンクが提供しています。

なりともの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.