Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ならし【ナラシ】

デジタル大辞泉

な◦らし
[連語]《断定の助動詞「なり」の連体形「なる」に推量の助動詞「らし」の付いた「なるらし」の音変化》
…であるらしい。
「すむ人もあるかなきかの宿―◦らしあしまの月のもるにまかせて」〈新古今・雑上〉
…である。…だなあ。
「難波のくれは鳥織留むる物―◦らし」〈浮・織留・序〉
[補説]一説に、「なり」が形容詞ふうに活用したものともいう。2用法は鎌倉時代以後の用法。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

な‐・らし
(断定の助動詞「なり」に推量の助動詞「らし」の付いた「なるらし」の変化したもの)
① 推量的な断定を表わす。…であるらしい。…であると思われる。
※万葉(8C後)一七・四〇〇一「立山に降り置ける雪を常夏に見れども飽かず神から奈良之(ナラシ)
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)最上川「是に稲つみたるをや、いな船といふならし」
② 近世の文語の用法として、推量の意味を失い、「なり」の断定をやわらげた表現として用いる。
※宗長百番連歌合(1508)「右は、ぬれて時雨にの詞もさる事にて、句の様もやさしく侍るならし」
[補注]一説に「なり」が形容詞的に活用したものともいう。ただし、語形変化の例がなく、すべて文終止に用いられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ならし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ならしの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.