Rakuten infoseek

辞書

なむ【ナム】

デジタル大辞泉

なむ[助動]
[助動][○|○|なむ|なむ|なめ|○]《上代東国方言》動詞・動詞型活用語の終止形に付く。推量の助動詞「らむ」に同じ。→なも[助動]
「国々の社の神に幣(ぬさ)奉り我(あ)が恋すなむ妹(いも)がかなしさ」〈・四三九一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なむ[係助・終助]
[係助]《上代の係助詞「なも」の音変化。「なん」とも》名詞、活用語の連用形・連体形、副詞、助詞に付く。
上の事柄を強く示す意を表す。
「夜半(よなか)うち過ぐるほどに―、絶えはて給ひぬる」〈桐壺
(文末で)上の事柄を強く示すとともに余情を残す意を表す。…てねえ。
「ましていと憚(はばか)り多く―」〈・桐壺〉
[補説]中古の散文、特に会話文で多く用いられた。文中にある場合、これを受ける活用語は連体形となるのが原則である。ただし受ける語が接続助詞を伴って下に続く場合は、連体形で結ぶとは限らない。また、2のように結びが省略されることもある。同じ係助詞の「こそ」や「ぞ」に比べて語勢は弱いといわれる。
[終助]《上代の終助詞「なも」の音変化》動詞型活用語の未然形に付く。他に対してあつらえ望むを表す。…てほしい。…であってほしい。
「ま遠くの野にも逢は―心なく里のみ中に逢へる背なかも」〈・三四六三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

な◦む[連語]
[連語]《完了の助動詞「ぬ」の未然形+推量の助動詞「む(ん)」》
推量を強調する意を表す。きっと…だろう。…にちがいない。
「世の中の憂きたびごとに身を投げば深き谷こそ浅くなり―◦め」〈古今・雑体〉
意志を強調する意を表す。必ず…しよう。…てしまおう。
「舟に乗り―◦むとす」〈土佐
可能の推量を強調して表す。…することができよう。
「この御方々のすげなくし給はむには、殿の内には立てり―◦むはや」〈・常夏〉
適当・当然を強調して表す。…てしまうのがよい。…のはずだ。
「それ(=スグレタ文才)もすたれたる所のなきは、一生この事にて暮れにけりと、つたなく見ゆ。今は忘れにけり、と言ひてあり―◦ん」〈徒然・一六八〉
(多く「なむや」の形で敬語とともに用いられ)相手を勧誘する意を表す。…たらどうだ。…てくれないか。
「忍びては参り給ひ―◦むや」〈・桐壺〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

なむ
助動 ○ ・ ○ ・なむ ・なむ ・なめ ・ ○
上代東国方言
推量の助動詞らむに同じ。 橘の古婆の放髪はなりが思ふなむ心愛うつくしいで我あれは行かな/万葉集 3496 まかなしみさ寝に我は行く鎌倉の水無瀬川みなのせがわに潮満つなむか/万葉集 3366 群玉のくるにくぎ鎖し固めとし妹いもが心は動くなめかも/万葉集 4390 推量の助動詞らむに相当する上代東国方言には、別になもの形もあるなも助動

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なむ
係助
上代の係助詞なもの転。平安中期以降なんと発音されるようになり、なんとも書かれた
体言および体言に準ずるもの、助詞などに付き、特に取りたてて強く指示する意を表す。
文中にあって係りとなり、文末の活用語を連体形で結ぶ。 身はいやしながら、母-宮なりける/伊勢 84 この北山に、限りなく響きのぼる物の音-聞こゆる/宇津保 俊蔭
「なむ」を受ける述語を省略し、文末にあって、余情をもたせる言い方をとる。 かく聞こえたりければ、見さして帰り給ひにけりと-/伊勢 104 ただここに、人づてならで申すべきこと-/枕草子 七一・春曙抄 なむは、物語などでの会話文中に多く見られ、和歌にはほとんど用いられない

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なむ
終助
平安中期以降なんと発音されるようになり、なんとも書かれた
文末にあって動詞・助動詞の未然形に接続する。ある行為・事態の実現を期待し、あつらえ望む意を表す。…てほしい。…てもらいたい。 うちなびく春とも著くうぐひすは植ゑ木の木間こまを鳴き渡ら-/万葉集 4495 飛ぶ鳥の声も聞えぬ奥山の深き心を人は知ら-/古今 恋一 引き替へて嬉しかるらむ心にも憂かりし事は忘れざらなん/山家 上代には、この語の古形なもも用いられたなも終助

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なむ
連語
完了の助動詞の未然形に推量の助動詞の付いたもの。なんとも
動作・状態の実現すること、完了することを確認し推測する意を表す。…するようになるであろう。…することになってしまうだろう。 年を経て花の便りにこととはばいとどあだなる名をや立ち-・む/後撰 春中
動作・状態を実現しようとする強い意志を表す。 かくだにも妹を待ち-・むさ夜ふけて出で来し月の傾かたぶくまでに/万葉集 2820
動作・状態の実現を勧誘し、また、その実現が適当であるとする意を表す。…したらどうだろう。…したほうがよいだろう。 忍びては参り給ひ-・むや/源氏 桐壺 子といふものなくてあり-・ん/徒然 6
動作・状態の実現を可能であると推量し、また、許容する意を表す。…することができるだろう。…てもかまわないだろう。 かばかりになりては、飛びおるともおり-・ん/徒然 109

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なむ
〘係助〙 (上代の係助詞「なも」の変化したもの) 体言またはこれに準ずる語句、および連用語を受け、説明的に事物をとりたてて示す。中古の会話文および解説的性格の散文に多く用いられる。
① 文中にあって係りとなり、文末の活用語を連体形で結ぶ。
※類聚国史‐一一・祈祷上・貞観一〇年(868)閏一二月一〇日「告文曰、〈略〉此又皇大神の厚助なりと奈无(ナム)歓崇ひ所念行す」
源氏(1001‐14頃)桐壺「三位の位おくり給ふよし、勅使来て、その宣命読むなん、悲しきことなりける」
② 「なむ」を受ける活用語を省略して余情を表わす。
※蜻蛉(974頃)中「きこえさすべきかたなくなん」
[語誌](1)「なむ」の性格は係助詞の中においては、やや特異である。(イ)(A)原則として、「む」「らむ」「けむ」「まし」といった推量助動詞が結びにならない、(B)「うれしくてなむ」のように、結びが省略される場合が他と比べて目立つ、(C)和歌にはほとんど用いられない、などの文体的制約がある。(ロ)(A)散文で使用される場合には、物語作品に多く日記作品に少ない、(B)文の種類としては、地の文、会話文に多く、心話文には少ない、(C)もっぱら和文資料において用いられ、訓点資料には例を見ない、などの特徴を有す。
(2)平安時代初期から中期にかけて盛んに用いられ、「なむ…ける」の呼応によって、いわゆる「物語る文体」を織りなし、「伊勢物語」「源氏物語」等の物語文学作品において、特徴的な文体を形成することとなった。
(3)連体形となるべき結びの活用語が、接続助詞に吸収されたり、終止形をとったりする場合もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なむ
〘終助〙 文末にあって動詞・助動詞の未然形を受け、ある行動・事態の実現を期待し、あつらえ望む意を表わす。→語誌。
古事記(712)上・歌謡青山に 日が隠らば ぬばたまの 夜は出(い)で那牟(ナム)
※源氏(1001‐14頃)夕顔惟光とく参らなんとおぼす」
[語誌](1)「なも」が古形と思われるが、「万葉集」でもすでに「なむ」の方が優勢である。
(2)終助詞による希望表現とされる用法には(イ)自らの行動の実現を希望するものと、(ロ)他者の行動の実現を希望するものがあり、これにはまた(A)二人称者の行動に関する場合、(B)三人称的なものの行動・状態に関する場合がある。「なむ」は(B)に相当する。
(3)願望の対象に対して積極的に働きかけるのではなく、自分の手の届かない事柄の実現を、いわば、他力本願的に願うのが本義である。上接する助動詞が「ず」「ぬ(完了)」「る(受身)」といった非意志性のものに限られる文法的特徴が見られ、心話文に多く用いられ、会話文で相手に面と向かって用いることがないという文体的特徴もそうした本義を反映している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なむ
〘助動〙 (活用は「○・○・なむ・なむ・なめ・○」) 推量の助動詞「らむ」に相当する上代東国方言。終止形・連体形にあたるものとして「なむ」、「なも」「かも」につづく形として「なめ」の形がみられる。→なも〔助動〕
※万葉(8C後)一四・三三六六「ま愛(かな)しみさ寝に吾は行く鎌倉の水無瀬川(みなのせがは)に潮満つ奈武(ナム)か」
※万葉(8C後)二〇・四三九〇「群玉の枢(くる)に釘刺し固めとし妹が心は揺(あよ)く奈米(ナメ)かも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

な‐・む
(完了の助動詞「ぬ」の未然形に推量の助動詞「む」の付いたもの。動詞の連用形に付く)
① 動作・状態の実現すること、完了することを確認し推測する意を表わす。…するようになるだろう。…になってしまうだろう。きっと…だろう。
※古事記(712)下・歌謡「八田(やた)の 一本菅は 子持たず 立ちか荒れ那牟(ナム)あたら菅原」
② 動作・状態を実現しようとする強い意志を表わす。きっと…しよう。
※万葉(8C後)三・三四八「今(こ)の世にし楽しくあらば来む生(よ)には虫に鳥にもわれは成り奈武(ナム)
③ 動作・状態の実現を適当であるとする、また、適当であるからそうした方がよい、と勧誘する意を表わす。…した方がよいだろう。…したらどうだろう。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「夜は明け方になり侍りぬらん。はや帰らせ給なんと聞こゆれば」
④ 動作・状態の実現を可能であると推量する意を表わす。…することができるだろう。…でもかまわないだろう。
※平家(13C前)六「此中には汝ぞあるらむ。あの物射もとどめ、斬りもとどめなんや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なむ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

なむの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.