Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

なまし【ナマシ】

デジタル大辞泉

な◦まし
[連語]《完了の助動詞「ぬ」の未然形+推量の助動詞「まし」》
(多く上の仮定表現を受けて)きっと…していただろう。
「白玉か何ぞと人の問ひし時露と答へて消え―◦ましものを」〈伊勢・六〉
(上の疑問の語を受けて)…してしまおうかしら。いっそのこと…しようか。
「幼き御ありさまのうしろめたさにことつけて、下りやし―◦ましと、かねてよりおぼしけり」〈・葵〉
きっと…だろう。…てしまうかもしれない。
「けふ来ずはあすは雪とぞ降り―◦まし消えずはありとも花と見ましや」〈古今・春上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

な‐・まし
(完了の助動詞「ぬ」の未然形に推量の助動詞「まし」の付いたもの)
① 未来への確定的な予想、または意志を表わす。
(イ) …てしまうだろう。
※古今(905‐914)春上・六三「けふ来ずはあすは雪とぞ降りなまし消えずは有りとも花と見ましや〈在原業平〉」
(ロ) (多く疑問の語を受けて) 決断に迷いながらも未来を考える気持を表わす。…してしまおうか。…するのがいいのではあるまいか。
※古今(905‐914)雑下・九五四「世中のうけくにあきぬ奥山のこの葉に降れるゆきやけなまし〈よみ人しらず〉」
(イ) 現実には反するが、条件によっては実現の可能性のあることを想像して表わす。…のだったら…することだったろう。
※万葉(8C後)九・一七四六「遠妻し高にありせば知らずとも手綱の浜の尋ね来名益(ナまし)
(ロ) 実現・実行しなかったことを残念に思う気持を表わす。…すればよかったろう。
※万葉(8C後)一四・三三五四「寸戸人(きへひと)のまだら衾に綿さはだ入り奈麻之(ナマシ)もの妹が小床に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なまし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

なましの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.