Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

なな【ナナ】

デジタル大辞泉

な‐な
[連語]
《上代東国方言》活用語の未然形に付く。…ないで。…ずに。
「我が背なを筑紫へ遣(や)りて愛(うつく)しみ帯は解か―あやにかも寝も」〈・四四二二〉
[補説]前の「な」は打消しの助動詞「ず」の古い未然形。後の「な」については、打消しの助動詞「ず」の古い未然形、または終助詞、あるいは助詞「に」の音変化した「な」などとする説がある。万葉集東歌にだけみられる。
《完了の助動詞「ぬ」の未然形+終助詞「な」。上代語》活用語の連用形に付く。…てしまいたい。…てしまおう。
「秋の田の穂向(ほむ)きの寄れる片寄りに君に寄り―言痛(こちた)くありとも」〈・一一四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

な‐な
〘副〙 (副詞「な」を、重ねて強めたもの) 「そ」を伴って用いる。…するな。…してはならない。
※歌謡・閑吟集(1518)「卯の花がさねなな召さいそよ、月にかがやきあらはるる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

な‐な
[1] (完了の助動詞「ぬ」の未然形に、願望の助詞「な」の付いたもの) 自己の行為につき、ひたすらに願望する意を表わす。…てしまいたい。…てしまおう。
※万葉(8C後)二・一一四「秋の田の穂向の寄れる片寄りに君に寄り奈名(ナナ)言痛(こちたく)ありとも」
[2] (打消の助動詞「ず」の古い未然形「な」の重複形) …ずにありつつ。…ずに。…ないで。
※万葉(8C後)一四・三四三六「しらとほふ小新田山の守る山の末枯(うらが)れせ奈那(ナナ)常葉にもがも」
[補注](二)は、上代東国方言として現われる。未然形「な」と助詞「に」の結合とみる説もある。諸例とも、終止でなく接続するものと解することができるので、下の「な」を願望の助詞とする説はとりがたい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なな」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ななの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.