Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ななり【ナナリ】

デジタル大辞泉

な◦なり
[連語]《断定の助動詞「なり」の連体形「なる」に伝聞推定の助動詞「なり」の付いた「なるなり」の音変化「なんなり」の撥音の無表記》…であるようだ。…であるということだ。
「人づてに承りし事の筋―◦なり」〈・宿木〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

な‐・なり
(断定の助動詞「なり」の終止形に伝聞推定の助動詞「なり」が付いて撥音便化した「なんなり」の、撥音「ん」を表記しない形) 主として他人のことばから推定する意を表わす。…だというわけらしい。…だということのようだ。…であるらしい。…というのだな。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「さればこそ。天狗ななり」
[補注]伝聞推定の助動詞「なり」が一般に終止形を受け、かつ上代に「ありなり」の例があるので、「な」を終止形の変化とみるが、一方、終止形を受ける「べし」が「なり」などラ変活用を受けるときは「なるべし」など連体形を受けることから類推して、連体形の変化とみる考え方もある。ただし、古く「なりなり」または「なるなり」と前の「なり」の語尾を明記した例は見あたらない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ななり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ななりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.