Rakuten infoseek

辞書

なぞ【ナゾ】

デジタル大辞泉

なぞ[副助]
[副助]《「なんぞ」の音変化》副助詞「なんぞ」に同じ。「そばなぞ取ろうか」「医者になぞ行くもんか」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

なぞ
副助
なんぞの転。中世以降の語
副助詞なんぞに同じ。 あなた-のすることではない 副助詞などに類するが、などより用法は限られる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

な‐ぞ
〘副助〙 (「なんぞ」の変化したもの) =など(等)
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一〇「肉かなんぞを煮たかなぞをかけたぞ」
蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉一一「男が女に催馬楽を贈ったり、女がそれをで唄ったり、浅香と云ふ乳母がお姫様のあとを追って苦労をしたりするのなぞは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

な‐ぞ
[1] 〘連語〙 (「なにぞ」が変化した「なんぞ」の撥音「ん」の無表記) 物や事態を尋ねることば。何か。何事か。どうしたのか。→なぞの
※古今(905‐914)恋一・五〇六「人しれぬおもひやなぞとあしがきのまぢかけれどもあふよしのなき〈よみ人しらず〉」
[2] 〘副〙 疑問・反語の意を表わすのに用いる。どうして。何故に。どういうわけで。
※万葉(8C後)一五・三六八四「秋の夜を長みにかあらむ奈曾(ナソ)ここば寝(い)の寝らえぬもひとり寝(ぬ)ればか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なぞ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

なぞの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.