Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

なくに【ナクニ】

デジタル大辞泉

なく‐に
[連語]《打消しの助動詞「ず」のク語法「なく」+格助詞「に」》
詠嘆的な打消しを表す。…ないことだなあ。
「苦しくも降り来る雨か三輪の崎狭野(さの)の渡りに家もあら―」〈・二六五〉
詠嘆的に打消し、逆接的に接続する意を表す。…ないことなのに。
「やどりせし花橘(はなたちばな)も枯れ―などほととぎす声絶えぬらむ」〈古今・夏〉
[補説]「に」は詠嘆の終助詞とも。主として和歌に用いられ、上代では1の意で文末の用法が多く、平安時代以降は2文中用法が多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なく‐に
(打消の助動詞「ず」のク語法「なく」に助詞「に」の付いたもの)
① 「に」に逆接の役割がある。…ないうちに。…ないのに。…ないにもかかわらず。
※万葉(8C後)一七・三九四二「松の花花数にしもわが背子が思へら奈久爾(ナクニ)もとな咲きつつ」
② …ないのだなあ。…ないものを。逆接条件の帰結部を切り捨てた形で、詠嘆の意を表わす。
※書紀(720)武烈即位前・歌謡「大君の御帯の倭文服(しつはた)結びたれ誰やし人も相思は儺倶儞(ナクニ)
[補注]特に上代に発達していたもので、中古以降は、伝統的な語法として、和歌に用いられる他はまれになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なくに」の用語解説はコトバンクが提供しています。

なくにの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.