Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

なかにし礼【ナカニシレイ】

デジタル大辞泉

なかにし‐れい【なかにし礼】
[1938~ ]作詞家・小説家。満州の生まれ。本名中西礼三。シャンソンの訳詩を手がけた後、歌謡曲の作詞家となり、洗練された大人の感覚で多くのヒット曲を生む。その後小説も執筆し、自伝的な作品が話題となる。「長崎ぶらぶら節」で直木賞受賞。他に「兄弟」「赤い月」「てるてる坊主の照子さん」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

なかにし礼 なかにし-れい
1938- 昭和後期-平成時代の作詞家,小説家。
昭和13年9月2日満州(中国東北部)牡丹江(ぼたんこう)生まれ。シャンソンの訳詞を手がけ,昭和42年「かなたに」のヒットで注目され,「知りたくないの」「北酒場」などおおくのヒット曲を生んだ。ついでオペラ台本,演出をこころみ,同時に小説に挑戦。平成10年自伝的小説「兄弟」が話題をよび,12年「長崎ぶらぶら節」で直木賞。立大卒。本名は中西礼三。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

なかにし礼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

なかにし礼の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広久松静児バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎珪藻土ホロコーストカルネ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.