Rakuten infoseek

辞書

どんぶりこ【ドンブリコ】

デジタル大辞泉

どんぶり‐こ
[副]
水に音を立てて落ちるさま。「どんぐりころころどんぶりこ、お池にはまってさあ大変」
重みのある物などが水に浮いたり沈んだりしながら漂うさま。どんぶらこ。「大きな桃が川上からどんぶりこと流れてきた」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

どんぶりこ
大きくて重みのある物が水中に落ち込むときの音を表す語。どぶん。どぶり。 池に-とはまる
大きくてやや重みのある物が水に浮き沈みしながら流れるさま。どんぶらこ。 川上から-、-と大きな桃が流れてきました

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どんぶり‐こ
[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 水中に勢いよく落ち込んだり、物を投げ込むさまを表わす語。
※随筆・胆大小心録(1808)九八「蔵書の外にも著書あまた有しとともに、〈略〉庵中の古井へどんぶりことして、心すずしく成たり」
② 水に浮き沈みして漂うさまを表わす語。どんぶらこ。
※歌舞伎・柳風吹矢の糸条(1864)「大きな桃がどんぶりこ、どんぶりこどんぶりこと流れ来る」
[2] 〘名〙 水に飛びこむこと。
※洒落本・弁蒙通人講釈(1780)序「雀どんぶりこをして楼台を吹出し」
[3]
[一] 浄瑠璃「楠昔噺(くすのきむかしばなし)」およびその三段目の通称。楠正成が入婿した百姓徳太夫夫妻を、昔噺の桃太郎の爺婆に見たてた場面による命名。
[二] 地歌。豊沢新左衛門作詞。富崎春昇作曲。歌詞は浄瑠璃「楠昔噺」(通称「どんぶりこ」)を要約したもので、箏と三弦の合奏曲として作曲。手事が二段ある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

どんぶりこ
(通称)
どんぶりこ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
楠昔噺
初演
元文4.7(大坂・中村十蔵座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どんぶりこ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

どんぶりこの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.