Rakuten infoseek

辞書

どす【ドス】

デジタル大辞泉

どす[名]
《「おどす」の略か》
人を刺すための、短刀・匕首(あいくち)など、小型の刀。
人を恐れさせるような、すごみ。「どすの利いた

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どす[接頭]
[接頭]多く色を表す形容詞に付いて、濁ったようなさまであることを表す。「どす黒い」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

どす
短刀。あいくち。
人を恐れさせるような気配。凄味すごみ。 「 -をきかせる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どす
( 助動 ) ( ○ ・どし ・どす ・○ ・○ ・○ )
〔「でおす」の転。京都での言い方〕
丁寧の意を表す。 「そうどすえ」 → おす

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どす
( 接頭 )
名詞・形容詞などに付いて、濁ったようなさまであることを表す。 「 -黒い」 「 -声」 「 -赤い」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どす
〘名〙 (「おどす」の略か)
① 短刀や懐剣、あいくちのこと。
※浄瑠璃・双蝶蝶曲輪日記(1749)五「こりゃ何するのぢゃ、ほでてんがうひろぐと、汝等(うぬら)がどすの貧乏神」
② すごみ。
※大阪の宿(1925‐26)〈水上滝太郎〉四「どすのきいた太い声」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どす
〘接頭〙 多く、色を表わす形容詞の上に付いて、濁ったような状態であることを表わす。「どす黒い」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どす
〘助動〙 京都方言。断定の助動詞の丁寧ないい方。「です」にあたる。「で」に、「ある」の丁寧ないい方「おす」の付いた「でおす」の変化したもの。福井、敦賀、滋賀の湖東地方、大阪府の淀川ぞいでも用いられる。江戸末期、明治初期の発生か。
風流懺法(1907)〈高浜虚子〉一力「さうどす。これは一力ばっかりに限った事やおへん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

どすの関連情報

他サービスで検索

「どす」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.