Rakuten infoseek

辞書

とも【トモ】

デジタル大辞泉

とも[接助・副助・終助]
[接助]動詞型・形容動詞型活用語の終止形、形容詞型活用語および助動詞「ず」の連用形に付く。
未成立の事実を条件とし、それに制約されずにある事柄が実現する意を表す。…としても。…ても。「どんなにつらくともくじけるな」「嫌なら行かずともよい」
「たとひ弓を持ちたり―、矢をはげずは(=矢ヲ弓ノ弦ニヒッカケナケレバ)かなひがたし」〈平家・九〉
確定した事柄を条件とし、それに制約されずにある事柄が実現する意を表す。たとえ、そうであっても。…のだが、それにしても。…たとしても。
「かくさし籠めてあり―、かの国の人来(こ)ば、みな開きなむとす」〈竹取
[副助]形容詞型活用語の連用形、あるいは量を表す副詞につく。量・程度や限度などを示す。「遅くとも11時までには帰る」「多少とも理解を示す」
[終助]活用語の終止形に付く。相手の言葉に強く同調・同意する意を表す。「きれいだとも」「そうです、そのとおりですとも
「左様でござる―」〈伎・幼稚子敵討〉
[補説]「とも」は、引用の格助詞「と」に、係助詞「も」の付いたものとも。は、上代、上一段活用動詞「見る」に付く場合に限り、「見(み)とも」という形をとることがある。「万代に携はり居て相見(み)とも思ひ過ぐべき恋にあらなくに」〈・二〇二四〉また、中世以降、動詞型活用語の連体形に付くものもみられる。「死ぬるとも敵に後を見すな」〈平家・九〉近世以降になると、文章語に用いられ、口語では、もっぱら「ても」が使われるようになる。は、中世末以降の口語において用いられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と‐も[連語]
[連語]《格助詞「と」+係助詞「も」》
」を強める言い方。「このままですむ―思えない」
「たぎつ瀬の中にも淀はありてふとなど我が恋の淵瀬―なき」〈古今・恋一〉
(同じ語の間で用いて)語意を強める意を表す。
「あなうれし―うれし」〈玉鬘

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とも

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

とも
〔格助詞「と」に係助詞「も」の付いたものから〕
( 接助 )
動詞および動詞型活用の助動詞の終止形、形容詞および形容詞型活用の助動詞の連用形に接続する。
現代語では、やや文章語的表現の場合に用いられる。
ある事柄に関係なく、他の事柄が成り立ったり進行したりする意を表す。逆接の仮定条件を表す用法。たとえ…ても。…ても。 「何を言おう-、むだだ」 「理論は正しく-、現場には向かない」 「ちはやぶる賀茂の社の姫小松よろづ代経-色はかはらじ/古今 大歌所
時間的・空間的な量のおおよそを表す。この場合には、量を表す副詞に付くことがある。 「遅く-明日の夕方にはできます」 「多少-疑義は残る」
既定の事柄を仮定条件として示し、後の事柄を強めて表す。…ではあるが。たとえ…であっても。 「楽浪ささなみの志賀の大わだ淀む-昔の人にまたも逢はめやも/万葉集 31」 → ても(接助)
( 終助 )
活用語の終止形に接続する。強い断定でもって言い切る場合に用いる。 「『ほんとに行くのか』『行く-』」 「そうだ-。昔はよく勉強したものだ」 〔 は近世以降の用法〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とも
( 連語 )
〔格助詞「と」に係助詞「も」の付いたもの〕
「と」で受ける語を強めて言い表す。 「君-お別れだね」 「市長-あろう人がなんということだ」 「長し-思ひぞはてぬ昔よりあふ人からの秋の夜なれば/古今 恋三
同じ語を重ねて強調する場合、その間に入れる。 「又蝶は捕ふればわらは病せさすなり。あなゆゆし-ゆゆし/堤中納言 虫めづる
[句項目]

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とも」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ともの関連情報

他サービスで検索

「とも」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.