Rakuten infoseek

辞書

【デ】

デジタル大辞泉

で[五十音]
」の濁音。歯茎の有声破裂子音[d]と母音[e]とからなる音節。[de

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で[接]
[接]
前の話を受けて、次の話を引き出す。それで。「、今どこにいますか」「、どうしました」
そういうわけで。それで。「探したが見つからない。、新しいのを買った」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で[助動]
[助動]《断定の助動詞「だ」の連用形》⇒[助動]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で[格助・接助]
[格助]《格助詞「にて」の音変化》名詞、名詞的な語に付く。
動作・作用の行われる場所・場面を表す。「家勉強する」「委員会可決する」「試験合格点を取る」
「やまきの館(たち)―夜討ちに討ち候ひぬ」〈平家・五〉
動作・作用の行われる時を表す。「二〇歳結婚する」
「十三―元服仕り候ふまでは」〈平家・七〉
動作・作用を行う主体となる組織・団体を表す。「政府側検討中だ」「気象庁光化学スモッグ警報を発令した」
期限・限度・基準を表す。「一日仕上げる」「五つ二〇〇円」
「三百騎ばかり―喚(をめ)いて駆く」〈平家・七〉
動作・作用の行われる状態を表す。「みんな研究する」「笑顔あいさつする」
「盗人なる心―、否(え)、主、かく口きよくな言ひそ」〈今昔・二八・三一〉
動作・作用の手段・方法・材料などを表す。…を使って。「電話連絡する」「テレビ知ったニュース」「紙作った飛行機」
「この御馬―宇治河のまっさき渡し候ふべし」〈平家・九〉
動作・作用の原因・理由を表す。「受験勉強暇がない」「君のおかげ助かった」
「その御心―こそかかる御目にもあはせ給へ」〈平家・二〉
[接助]7から。近世語》活用語の終止形に付く。原因・理由を表す。
「おれが居て、あちこちから算段してやる―通られるが」〈滑・浮世床・初〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で[接助・終助]
助詞「て」が、ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞の連用形音便形に付く場合の形》
[接助][接助]」に同じ。「泳い渡る」「飛ん火に入る夏の虫」
[終助][終助]」に同じ。「もっとよく噛(か)ん」「きちんとたたんね」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で[接助]
[接助]活用語の未然形に付く。上の事柄を打ち消して下に続ける。…ないで。…ずに。→いで
「無期(むご)にえ渡ら―、つくづくと見るに」〈更級
[補説]打消し助動詞の古い連用形「に」に続動詞「て」の付いた「にて」の音変化とも、打消しの助動詞「ず」の連用形「ず」に接続助詞「て」の付いた「ずて」の音変化ともいう。中古以降用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

「て」の濁音の仮名。歯茎破裂音の有声子音と前舌の半狭母音とから成る音節。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 接続 )
(主として話し言葉で使う)
前の事柄を受けて次の事柄を言い始めるのに用いる。それで。そこで。 「 -、とうとう負けました」
相手の話を促すとき使う。それから。 「 -、どうした」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 助動 )
断定の助動詞「だ」の連用形。連用中止法に用い、また、「ある」「ない」「あります」「ございます」などに続けて用いる。 〔古語の断定の助動詞「なり」の連用形「に」に助詞「て」の付いた「にて」の転。中古末から中世へかけての成立〕 → だ(助動)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔格助詞「に」に「て」の付いた「にて」の転。中古末から中世以降の語〕
( 格助 )
動作・作用の行われる場所を表す。
「デパート-買い物をする」 「日本-初めての実験」
「…でも、…でも」の形で、場所を列挙する。 「日本-も、アメリカ-も、青少年問題には悩んでいる」
動作・作用が行われる時を表す。
動作が行われる時期を表す。「では」「でも」の形をとることが多い。 「現在-は、簡単に解決する問題だ」
動作・作用の期限・限度を表す。 「新幹線は一時間-二百キロも走る」 「一〇分間-答えてください」
動作・作用を行う時の事情・状況を表す。 「はらぺこ-帰ってくる」 「挨拶のつもり-声をかけたのだ」
手段・方法、または道具・材料を表す。 「ペン-書く」 「汽車-行く」 「木と紙-できている日本の家」
原因・理由・動機を表す。 「火事-一文なしになる」 「撃たれた傷-死ぬ」 「老師の一言-さとる」
動作・状態の主体を表す。 「委員会-作成した原案」 「そっち-ほれても、こっち-いやだ」
( 接助 )
の用法から転じたもの〕 原因・理由を表す。近世での用法。 「嬶達が先へ来て七十の賀を祝うてくれた-、今日の祝ひはさらりと仕舞うた/浄瑠璃・菅原」 「馬鹿にされる-面白いのだが、馬鹿にされると気がついちやあもうおしまひだ/滑稽本・浮世床 」 〔 (1) 格助詞「で」は、近世以前でも、意味・用法は、現代語とほとんど変わらない。 (2) 接続助詞「で」が用いられるのは近世江戸語までで、現代語では、これに代わって、「ので」が用いられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 接助 )
〔打ち消しの助動詞「ず」の古い連用形「に」に接続助詞「て」の付いた「にて」の転という。中古以降の語〕
動詞および動詞型活用の助動詞の未然形に接続する。打ち消しの意を表し、下に続ける。…ないで。…ずに。 「待てといふに散ら-しとまるものならばなにを桜に思ひまさまし/古今 春下」 「おのがかく今日明日におぼゆる命をば、何ともおぼしたら-、雀慕ひ給ふほどよ/源氏 若紫」 〔語源については「ずて」その他の説もある〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 接助 )
( 終助 )

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

〘接続〙 (「そこで」「それで」などの「そこ」「それ」が略され、助詞「で」が自立語化したもの)
① 前の事柄を受け、その結果、あとの事柄が生ずることを示す。そこで。それで。
多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「『君、ねえ、本当の事を言ひたまへよ』『で、もし本当なら如何(どう)する気だね』」
② 会文で、話相手に対して次の話をうながす時に用いる。それで(どうした)。それから(どうなった)。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)四「『国はどこじゃ』『紀州でござんす』『ムム、紀州。で』『母様と三人出ました』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[1] 〘格助〙 (格助詞「に」に「て」が付いて変化したもの) 平安時代中期に早く用例が現われ、末期以降盛んに用いられた。
① 場所・時間を示す。
※御堂関白記‐寛仁元年(1017)正月七日「右大臣宣命、以右手、此院は用左」
※歌舞伎・仏母摩耶山開帳(1693)一「銀子はあと渡さう」
② 手段・方法・材料等を示す。
※輔親集(1038頃)「ある女の許より色々の錦を紙ふじて、かく書きておこせたり」
※平家(13C前)九「これまでのがれくるは、汝と一所死なんとおもふため也」
③ 理由・根拠を示す。
※平家(13C前)五「奏聞しけれども、御遊の折節聞こし召しも入れられず」
※歌舞伎・京雛形(1699)一「顔見せ忙しいに、何の用来た」
④ 主格助詞によらないで、動作・状態の主体を示す。
洒落本・遊子方言(1770)更の体「今におゐらんお出なんす」
※洒落本・一事千金(1778)二「そっちほれても、こっちいやだ」
[2] 〘接助〙
[一] (打消の助動詞の古い連用形「に」に接続助詞「て」の付いた「にて」が変化したもの) …ないで。
※竹取(9C末‐10C初)「え起きあがり給は、船そこにふし給へり」
※伊勢物語(10C前)二四「あひ思はで離れぬる人をとどめかねわが身は今ぞ消えはてぬめる」
[二] ((一)③の用法から転じたもの) 原因・理由を表わす。…ので。近世に現われる。→語誌。
※浄瑠璃・心中二つ腹帯(1722)三「お暇が出た去にまする」
[3] 〘終助〙 自分の発言内容を聞き手におしつける気持を表わす上方語。「ぜ」の変化したものといわれる。明治以後次第に優勢となり現在は「ぜ」を駆逐している。対等の間柄で用いるぞんざいな語。
※大内旅宿(1907)〈高浜虚子〉「お梅ドン此あとを早く掃除せんとあぶない
[語誌]格助詞「にて」の約音により格助詞「で」が発生したが、その種々の用法のうち、原因・理由を表わす場合、「で」の前の体言が省略されて活用語連体形を直接受けるようになって(二)(二)が生じた。この連体形接続は江戸時代に行なわれたが、後にはふたたび別の形式名詞「の」を省略位置に復活させた「ので」が現われ、これに取って代られた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(断定の助動詞「なり」の連用形「に」に助詞「て」の付いた「にて」の変化したもの) 後に、断定の助動詞「だ」の活用に組み込まれて、連用形として、連用中止形に用い、また、「ある」「ない」「あります」「ございます」などに続けて用いる。
※今昔(1120頃か)四「今の后は継母でぞ有りける」
※虎寛本狂言・末広がり(室町末‐近世初)「去ればこそ田舎者で、何をも存ぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

での関連情報

他サービスで検索

「で」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.