Rakuten infoseek

辞書

でも【デモ】

デジタル大辞泉

で‐も[接]
[接]《「それでも」の略》
前の事柄を一応肯定しながら、それがふつう結果として予想されるものに反する内容を導くときに用いる語。にもかかわらず。それでも。しかし。「がんばった。でも負けた」「その時は風邪ぎみだった。でも私は休まなかった」
前述の事柄に対して、その弁解・反論などをするときに用いる語。しかし。「試験に落ちました。でも勉強はしたんですよ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でも[接助・係助]
[接助]《接続助詞「ても」が、ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞に付く場合の形》「ても」に同じ。「死んでも死にきれない」「いくら呼んでも返事がない」
[係助]《断定の助動詞「だ」の連用形+係助詞「も」から》名詞または名詞に準じる語、助詞に付く。
物事の一部分を挙げて、他の場合はまして、ということを類推させる意を表す。…でさえ。「子供でもできる」「昼前でも気温が三〇度ある」
特別のもののようにみえる事柄が、他の一般の場合と同じであるという意を表す。たとえ…であっても。「強いといわれている人でも病気には勝てない」「今からでもがんばろう」
物事をはっきりと言わず、一例として挙げる意を表す。「けがでもしたら大変だ」「兄にでも相談するか」
(不特定をさす語「なに(なん)」「だれ」「いつ」「どこ」などに付いて)すべてのものにあてはまる意を表す。「なんでも食べるよ」「だれでも知っている」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でも[接頭]
[接頭]職業・身分などを表す語に付く。
名ばかりで実質がそれに伴わない意を表す。「でも学者」「でも紳士」
ほかに能力がないので、やむをえずその職に就いているという意を表す。「でも先生」
[補説]1は「あれでも学者か」などという場合の「あれでも」の略。2は「先生にでもなるか」という場合の「…にでもなるか」というところから出たといわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で‐も[連語]
[連語]
《格助詞「で」+係助詞「も」》…においても。「これはあの店でも売っている」
《打消しの接続助詞「で」+係助詞「も」。動詞の未然形に付く》…なくても。「言わでものこと」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

でも
( 接続 )
〔「それでも」の略。主として話し言葉に用いる〕
それでも。けれども。 「 -、僕は負けない」 「みんな帰ってしまいました。-、私は残りました」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でも
( 接助 )

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でも
( 係助 )
〔断定の助動詞「だ」の連用形「で」または格助詞「で」に、係助詞「も」の付いたものから。近世以降の語〕
体言またはそれに準ずるもの、体言に「が」「を」以外の格助詞の付いたもの、副詞、接続助詞「て」などに接続する。
極端な例を示し、他の場合にはもちろんであるということを類推させる。…でさえ。 「子供-できる」 「ちょっと-油断したら、つけこまれてしまいますよ」
「たとえ…であっても」の意を表す。 「雨天-決行する」 「どんな速球-打ちこなす」
「なんでも」「どれでも」など、不定称の指示語に付いて、全面的な肯定の意を表す。 「なん-知っている」 「いつ-結構です」
軽く例示的に提出する。 「お茶-飲みましょう」 「ホテルのロビーで-待っていてください」
「せめて…だけなりとも」の意を表す。 「長男-生きていてくれたらなあ」
(「(まんざら)…でもない」などの形をとって)不確かな判断を表す。 「彼の発案は、捨てたもの-ない」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でも
( 接頭 )
〔係助詞「でも」から出た語〕
〔「あれでも…か」の「でも」から〕 その名に値しないものであることを表す。えせ。 「 -易者」 「 -学者」
〔「…にでもなろうか」の「でも」から〕 積極的な意志からではなく、なんとなくそれになっている意を表す。 「 -医者」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でも
( 連語 )
〔断定の助動詞「だ」の連用形「で」に係助詞「も」の付いたもの〕
〔格助詞「で」に係助詞「も」の付いたもの〕 ⇒ で(格助)
〔打ち消しの接続助詞「で」に係助詞「も」の付いたもの〕 ⇒ で(接助)
〔上に来る語の関係で「で」となった接続助詞「て」に係助詞「も」の付いたもの〕 ⇒ ても(連語)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でも」の用語解説はコトバンクが提供しています。

でもの関連情報

他サービスで検索

「でも」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.