Rakuten infoseek

辞書

です【デス】

デジタル大辞泉

です[助動]
[助動][でしょ|でし|です|です|○|○]体言、副詞、形容詞、一部の助動詞の連体形、助詞「の」に付く。「である」「だ」の丁寧表現で、相手に対して改まった気持ちを表す。
断定の意を表す。「バターは栄養価の高い食品です
「その少女(むすめ)はなかなかの美人でした」〈独歩・牛肉と馬鈴薯〉
(「なのです」「のです(んです)」の形で)説明する意または強く決意を表明する意を表す。「かれが犯人なのです」「正しいと考えたからしたのです
(間投助詞風に用いて)語調を強める意を表す。「そのことはですね、さっきから説明しているじゃないですか」
やや卑俗みを帯びた丁寧の意や尊大な気持ちを表す。
「爰元(ここもと)にかくれもなき大名です」〈虎明狂・秀句傘
[補説]未然形は活用語の終止形にも直接付く。3終止形だけにみられる用法で、各種の語に付く。「です」の語源については、「で候」「でおはす」「でございます」「であります」など諸説ある。「です」は室町時代以降の語で、能・狂言では、大名・奏者・鬼・山伏などの名のり言葉で、近世では、男伊達(おとこだて)・遊女など限られた人物、特殊な場面に多く用いられる言葉であった。一般に丁寧語として使われ、諸活用形を用いるようになったのは江戸末期・明治期になってからである。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

です
( 助動 ) ( でしよ ・でし ・です ・です ・○ ・○ ) 丁寧の意をもつ断定の助動詞。名詞、ある種の助詞、および体言に準ずるものに接続する。動詞および動詞型活用の助動詞には、連体形に助詞「の」の付いたものに接続するが、形容詞および形容詞型活用の助動詞には、その終止形に付く。もっとも、未然形「でしょ(う)」に限っては、動詞および動詞型活用の助動詞の終止形にも付く。また、形容動詞および形容動詞型活用の助動詞には、その語幹に接続する。
「だ」「である」の丁寧語。
判断したり強く断定したりする。 「あの方が先生です」 「ここから新宿までは三〇〇円です
事柄を提示する。 「だいぶ昔のことですが、…」 「それはおととしの夏休みのことです。…」
(「活用語+のです」の形で)原因・理由・根拠などの説明をする。 「不況が続くのは、アメリカの金利政策の結果なのです」 「これはもうずいぶん考え抜いたことなのです
(終止形を用いて)強い感情をこめた決意や断定を表す。 「もう中止です、中止です」 「さあ、休憩です、早く片付けましょう」
(「お+動詞の連用形」の形で)軽い尊敬の意を表す。 「この本は、もうお読みですか」
終止形は間投助詞的にも用いられる。助詞「ね」「な」などを伴って用いることが多い。 「これがですね、いろいろ複雑でですね、わからなくなることがよくあります」
〔「でそう(で候)」の転かといわれる〕 やや尊大な語感をもって、丁寧な断定の意を表す。狂言で、大名その他の名乗りなどに用いられる。 「是はこのあたりにかくれもない大名です/狂言・鼻取相撲」 「信濃の国の住人あさふのなにがしです/狂言・麻生」
〔「でござります」からの転かといわれる〕 文末の終止に用いて、丁寧な断定の意を表す。江戸中期以降、遊女・男伊達おとこだて・医者などによって用いられたもの。 「是すなはち物をくらつてすぐに吐くものです/滑稽本・浮世風呂 」 〔 (1) 連体形「です」は、助詞「のに」「ので」などに連なる場合にだけ用いられる。 (2) 「です」の語源については、「でそう(で候)」説、「でござります」説、「であります」説、その他があるが、まだ定説化されたものはない。
の「です」は、明治以降、次第に一般に広く用いられるようになった。 (3) 形容詞の終止形に付く「楽しいです」「おもしろいです」は現在かなり広がっているが、多少ぎこちなさも感じられる。一方、それに終助詞を伴う「楽しいですね」「おもしろいですよ」などは普通に用いられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

で‐す
〘助動〙
[一] (「でさうらふ」の下略「でさう」が変化したものといわれる) 丁寧な断定の意を表わす。…でござる。狂言で、主に大名・鬼・山伏(ときに奏者も)の名乗りなどに、尊大の語感をもって用いられる。
※虎明本狂言・入間川(室町末‐近世初)「罷出たる者は、東国にかくれもなひ大名です」
[二] (「でござります」→「でござんす」→「であんす」→「でえす」→「です」の経路で生じたものという) 丁寧な断定に用いる。
(イ) 江戸中期は、遊女・男伊達・医者・職人など限られた人々の間でほとんど文末の終止にだけ用いられた。でげす。
※咄本・軽口機嫌嚢(1728)一「まひ日出ましたれど、いまはこころまかせのしゅぎゃうです」
人情本・春色江戸紫(1864‐68頃)初「吾儕(わちき)に限っちゃア大丈夫ですワ〈略〉身につまさるるやうですねへ」
(ロ) 江戸末期、助動詞「だ」の丁寧体として、終止形以外に未然形「でしょ(う)」、連用形「でし(た)」などの活用形や、「ですが」「ですから」などの用法が一般化した。明治以前は遊里、芸人の語とされ、明治以後、広く用いられるようになったものの、しばらくは上品でない語感を保ち、現在でも、「です」より一段丁寧なものとして「でございます」が用いられる。
※人情本・春色玉襷(1856‐57頃)初「駒はんはとんだことでしたネ」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「何ですネヱ。お待なさいよ」
※蝴蝶(1889)〈山田美妙〉二「腰を掛けて居るのは、前回に見えた蝴蝶といふ少女です」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉電影「漸く一本立となったです」
(ハ) 「ば」「から」「て」などの助詞を伴う接続の語句を受けて文を終止し、また、間投助詞のように連用または接続の語句につけて用いる。「たとえ僕がですね、どんなに説明してもですね、納得してくれないでしょう」
※小公子(1890‐92)〈若松賤子訳〉前編「なぜかといふと〈略〉馬と荷車が置いて在ったからです」
※青い海黒い海(1925)〈川端康成〉第一の遺書「私はこのどうしやうもない事実を、その時初めてほんとに心で掴んだのでした。〈略〉しかしです。〈略〉私にとっては、きさ子は二十になってゐないとも言へるのです」
[語誌](1)明治に入って「です」体をとる洋学会話書の出版が続き、「です」の普及の先駆けを果たしたともいわれる。活用語に接続する例は幕末期にも散見するが、明治二〇年代には「でしょう」の使用が普通になった。
(2)「です」は「だ」「である」と同様、体言、副詞、または活用語の連体形に助詞「の(ん)」を伴ったものに付いて説明の語気を加える。「でしょう」の場合には活用語の連体形に直接して単なる推量を、「でした」の場合には「ません」に直接して単なる過去を表わす。また、終止形「です」も、主として形容詞活用の活用語や助動詞「た」などに直接して丁寧表現として用いることが多い。これらは、動詞のように「です」を伴うことのできないことへの補いとして生じた語法であるが、一般に、活用語が「です」を直接伴うことは標準的とは考えられていない。
(3)学校文法では「豊かだ」「平気だ」など形容動詞の丁寧体として、その活用語尾「だ」の代わりに助動詞「です」を用いると説く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

です」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ですの関連情報

他サービスで検索

「です」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.