Rakuten infoseek

辞書

でげす【デゲス】

デジタル大辞泉

でげす[助動]
[助動][でげしょ|でげし|でげす|(でげす)|○|○]《江戸末期から明治初期にかけての男性語》体言に付く。「である」の意の丁寧表現。…です。…でございます。
「今夜は炎暑でげすな」〈滑・七偏人・三〉
[補説]「でございます」の音変化といわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

でげす
( 助動 ) ( でげしよ ・でげし ・でげす ・でげす ・○ ・○ )
〔「でございます」の転か。江戸末期から明治初期へかけての男性語。芸人・職人や通人ぶった者などの用語〕
体言に付く。「である」の意の丁寧語。…です。…でございます。 「暑気が甚しくなつた様でげすな/滑稽本・七偏人」 「夫れは何よりの御馳走でげす/人情本・春色江戸紫」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

で‐・げす
連語〙 (「でございます」の変化したものかという) 「である」の丁寧体。です。江戸末期から明治にかけて、主として芸人や職人、通人ぶった者の間に用いられた。
滑稽本七偏人(1857‐63)四下「下僕(やつがれ)が打どめへ回っては、些(ちと)失礼でげすから」
[補注]「滑・七偏人‐四中」に「なんと妹ではげへせんか」と「でげえす」という長音の例もみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でげす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

でげすの関連情報

他サービスで検索

「でげす」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.