Rakuten infoseek

辞書

てんぽ【テンポ】

デジタル大辞泉

てんぽ
[名・形動ナリ]《「てんぽう(転蓬)」の音変化か。「てんぼ」とも》運に任せて成り行きですること。一か八か思いきってすること。また、そのさま。
「―にして銀四匁と札を入れける程に」〈浮・永代蔵・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てんぽ
( 名 ・形動 )
〔「てんぽう(転蓬)」の転か。「てんぼ」とも。近世語〕
運を天にまかせること。成り行きにまかせて事をする・こと(さま)。 「 -に手をうち思ひ入れの米買ひ/浮世草子・置土産 4
だて。いき。 「江戸侍などは着る物も-なを好くさうなの/仮名草子・難波鉦」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんぽ
〘名〙 (形動) (「てんぼ」とも) 運にまかせて、行きあたりばったりにすること。一か八か、運にまかせて思いきってすること。その場の出まかせでことをすること。また、そのさま。てんぷてんぽう
※禅鳳雑談(1513頃)「此入は、殊にてんほにありたがり候」
※歌舞伎・傾城壬生大念仏(1702)上「余り美しさに、てんぽと思ふて其夜一つ買ふて、抱いて寝たれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんぽ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

てんぽの関連情報

他サービスで検索

「てんぽ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.