Rakuten infoseek

辞書

てんと【テント】

デジタル大辞泉

てん‐と
[副]
(打消しまたは否定的な意味の語を伴って)まるっきり。てんで。とんと。
「―女郎の指切るは珍しからぬとて」〈浮・禁短気・三〉
まったく。本当に。
「名ばかり聞いて逢うたは今、―御器量」〈浄・手習鑑

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てんと
( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)ちっとも。一向に。まるきり。 「 -聞こえぬ/狂言記・釣女」
本当に。まったく。 「舞台の方から御見物を見た所はよほどの一興、-たまらず/滑稽本・客者評判記」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐と
〘副〙 (「てんに」「てんで」などと同語源か)
① すっかりその状態であるさま、疑問に思う余地のないさまなどを表わす語。まったく。十分に。ほんとうに。
※評判記・野郎大仏師(1667‐68)序「おちやの日をまつかさの、かさねてと契つつ、そわでとしふるてんと身ぞつらき」
② (打消表現を伴って) 物事をまったく否定するさまを表わす語。さっぱり。まるきり。一向に。てんで。
※狂言記・釣女(1660)「てんときこゑぬ」
③ きちんとしたさまを表わす語。
※歌謡・松の葉(1703)二・狭ごろも「厭はぬ心にてんと結ふた髪を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんと」の用語解説はコトバンクが提供しています。

てんとの関連情報

他サービスで検索

「てんと」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.