Rakuten infoseek

辞書

てらあ【テラア】

デジタル大辞泉

てらあ
[連語]《「ている」に終助詞」の付いた「ているわ」の音変化》「ている」の意を感動的に、また、とがめたりさげすんだりする口調で表す。…ているなあ。…ているよ。「あんなにきれいに咲いてらあ」「そんなこと知ってらあ
[補説]ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞に付く場合は「でらあ」となる。また「てら」と約してもいう。「鳥が飛んでらあ」「あんなこと言ってら」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てらあ
( 連語 )
〔連語「ている」に終助詞「わ」の付いた「ているわ」の転。上に来る語によっては「でらあ」となる。話し言葉でのくだけた言い方に用いられる〕
動作・状態を、さげすんだりひやかしたりする気持ちを込めて述べるのに用いられる。 「あんなこと言っ-」 「そんなこと、だれでも知っ-」 「女の子なんかと遊んでらあ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てらあ
連語〙 (「ているは」の変化したもの。上にくる語によって「でらあ」とも) =てら
洒落本辰巳婦言(1798)宵立の部「こっぱげんくゎをしちゃア酒を喰ふことばっかり考てらア」
草枕(1906)〈夏目漱石〉五「ええ、焦心(じれっ)てえ。間違ってらあ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てらあ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

てらあの関連情報

他サービスで検索

「てらあ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.