Rakuten infoseek

辞書

ても【テモ】

デジタル大辞泉

て‐も[感]
[感]《「さても」の音変化》驚きあきれたときなどに発する語。さてもまあ。なんとまあ。
「是れも新参の小僧弥吉、―恐ろしき酒飲み嚊(かか)かな」〈露伴・いさなとり〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ても[接助]
[接助]《接続助詞「て」+係助詞「も」から》動詞・形容詞と一部の助動詞の連用形に付く。ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞に付く場合は「でも」となる。
未成立の事柄を仮定条件として述べ、その条件から考えられる順当な結果と対立する内容の文へ結びつける意を表す。たとえ…したとしても。「失敗してもあきらめはしない」「煮ても焼いても食えない」
既定的な事柄を述べ、その条件から考えられる順当な結果と対立する内容の文へ結びつける意を表す。…たにもかかわらず。「知っていても知らぬ顔をする」
(多く「にしても」「としても」の形で)ある事柄を仮定条件として認めて、下の文の叙述を起こす意を表す。「自信があるにしても、試験を受けるのはいやな気分だ」
[補説]接続助詞としての「ても」は中世以降用いられ、近世になると、逆接の確定条件を表す助詞「ては」に対応して、仮定条件を表現する「ても」が話し言葉の領域で多く用いられるようになり、それが現代語へと引き継がれた。「ても」はこのほか、「なんとしても」「どうしても」「とても」など、多くの慣用語をつくった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ても
( 感 )
〔「さても」の転〕
それにしても。なんとまあ。 「 -面妖な」 「 -恐ろしき執念じゃなあ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ても
( 接助 )
〔接続助詞「て」に係助詞「も」が付いたものから。中古以降の語。撥音便・ガ行イ音便の語および「ない」の下では「でも」となる〕
動詞・形容詞およびそれらと同じ活用形式の助動詞の連用形に接続する。形容詞型活用に接続する場合には促音を伴い、「っても」の形でも用いられる。
ある事柄を仮定条件として示し、それと内容上対立する後件に結びつける。逆接の仮定条件を表す。たとえ…しようとも。 「たとえ成功し-、被害が大きいのではないか」 「どんな人に逢っ-、気を許してはいけませんよ」 「死んでも手から離すものか」
既定の事柄を条件として示し、それと内容上対立する後件に結びつける。逆接の既定条件を表す。「いくら…ても」の形をとることが多い。…したけれども。 「いくら言い聞かせ-、わからない」 「眼をとじ-、まぶたに浮かぶ」 〔 (1) は「どうしても」「なんといっても」などの慣用的な言い方としても用いられる。「どうし-、うまくいきそうもない」「なんといっ-、宇宙開発が今後の問題だ」 (2) は「それにしても」「…といっても」などの慣用的な言い方としても用いられる。「それにし-、困った事だね」「すぐにできるといっ-、二、三年先の話だ」〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ても
( 連語 )
〔接続助詞「て」に係助詞「も」の付いたもの。上に来る語によっては「でも」となる〕
(「…てもいい」「…てもかまわない」など、許容を表す言い方に多く用いられて)「て」を強める意を表す。 「白身の魚なら食べ-いいですよ」 「明晩なら来-かまいません」 「このような本なら読んでも結構です」 〔古語では、許容を表す言い方以外にもかなり自由に用いられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

て‐も
〘感動〙 (「さても」の変化したもの) あきれたり、いまさらのように感じ入ったりして発することば。それにしても。さてもまあ。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)六「『すれば、あなたがお小姓でござりますか』『ても、きゃうとい顔をする奴じゃ』『ても、よふ似たるはいな』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

て‐も
(ガ、ナ、バ、マ行の五段活用動詞につく場合は「でも」となる)
[1] (接続助詞「て」に係助詞「も」が付いたもの) 「も」の意味の違いによって「ても」にも微妙な違いがある。…してさえも。たとえ…してでも。たとえ…しようとも。
※竹取(9C末‐10C初)「命をすててもをのが君の仰言をば叶へんとこそ思ふべけれ」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「鈴虫の声の限りを尽しても長き夜あかずふる涙かな」
[2] 〘接助〙 ((一)の逆接的な意をもつ用法が次第に熟して一語化したもの。活用語の連用形に付く)
① 逆接の仮定条件を示す。たとえ…しようとも。→語誌
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「われらいみじき勢になりてもわが君をさる者の中にはふらし奉りては何心地かせまし」
※浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「もはや此二人は、生ても死んでも廃った身」
② 逆接の確定条件を示す。…たけれども。…たのに。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「輦車(てぐるま)の宣旨などのたまはせても、又入らせ給ひて更にえ許させ給はず」
[語誌](1)(二)の接続助詞の用法は、中世、特に室町時代以降に発達するようになったが、平安時代から成立していたとする見方もある。もともと接続助詞「て」自体が幅広い意味を持ち、それに「も」による強意的・逆接的なニュアンスが添加されるため、(二)①の挙例「源氏‐玉鬘」などは、(一)の例とすべきか(二)の例とすべきか、判定は難しい。
(2)逆接の仮定表現としては、「終止形+とも」が文語化し、助動詞「う」に接続した「うとも」の用法に限られるようになったため、それに代わる口語的な表現として多用されるようになった。
(3)「…ても…ても」と繰り返す用法から、「明けても暮れても」のように慣用的な表現が派生している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ても」の用語解説はコトバンクが提供しています。

てもの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.