Rakuten infoseek

辞書

てむ【テム】

デジタル大辞泉

て◦む
[連語]《完了の助動詞「つ」の未然形+推量の助動詞「む」》
推量を強調して表す。きっと…だろう。…にちがいない。
「秋の野に露負へる萩を手折らずてあたら盛りを過ぐし―◦むとか」〈・四三一八〉
意志・希望を強調して表す。必ず…しよう。…てしまおう。
「世にふればうさこそまされみ吉野の岩のかけ道踏みならし―◦む」〈古今・雑下〉
可能の推量を強調して表す。…することができよう。
「春日野のとぶ火の野守出でて見よいまいくかありて若菜摘み―◦む」〈古今・春上〉
適当・当然を強調して表す。…てしまうのがよい。…のはずだ。
「心づきなき事あらん折は、なかなかその由をも言ひ―◦ん」〈徒然・一七〇〉
(多く「てむや」の形で)
㋐相手を勧誘する意を表す。…てくれないか。…たらどうだ。
「ここにてはぐくみ給ひ―◦むや」〈・松風〉
㋑(多く「まさに」と呼応して)反語の意を表す。どうして…しようか。…しはしない。
「内内の御心(みこころ)清うおはすとも、かくまで言ひつる法師ばら、よからぬ童べなどはまさに言ひ残し―◦むや」〈夕霧
[補説]5は文末に用いられる。5㋑は漢文訓読からの語法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てむ
( 連語 )
〔完了の助動詞「つ」の未然形「て」に推量の助動詞「む」の付いたもの〕
これからの事柄に対する推量を強調して表す。きっと…であろう。 「沫雪に降らえて咲ける梅の花君がり遣らばよそへ-・むかも/万葉集 1641
話し手の強い意志や決意を表す。…してしまおう。必ず…しよう。 「布勢の浦を行きてし見てばももしきの大宮人に語り継ぎ-・む/万葉集 4040
可能であると推量する意を表す。…することができるだろう。 「梓弓おして春雨今日降りぬ明日さへ降らば若菜つみ-・む/古今 春上
適当・当然のこととする意を表す。…した方がよい。…てしまうべきである。 「心づきなき事あらん折は、なかなかそのよしをも言ひ-・む/徒然 170
相手に対する勧誘や婉曲な要求を表す。…てくれるでしょうね。 「翁の申さむ事は聞き給ひ-・むや/竹取」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

て‐・む
(完了の助動詞「つ」の未然形に推量の助動詞「む」の付いたもの)
① 話し手の強い意志や決心を表わす。…してしまおう。きっと…しよう。
※仏足石歌(753頃)「この御足跡を 尋ね求めて 善き人の 坐す国には 我も参(まゐ)弖牟(テム) 諸々を率て」
※土左(935頃)承平五年一月一七日「黒き雲にはかにいできぬ。風ふきぬべし。御船かへしてん
② 未来への予期、予想、推量を強調的に表わす。きっと…するだろう。確かに…だろう。
※古事記(712)下・歌謡「笹葉に 打つや霰の たしだしに 率寝弖牟(テム)後は 人は離(か)ゆとも」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「さりとも鬼なども我をば見許してんとの給ふ」
③ 可能であると推量する意を表わす。…することができるだろう。
※古今(905‐914)春上・一九「春日野のとぶひの野守いでて見よ今いくかありて若菜つみてん〈よみ人しらず〉」
④ 適当・当然のこととする意を表わす。…てしまうべきだ。…するのがよい。
※徒然草(1331頃)一七〇「心づきなき事あらん折は、なかなかそのよしをも言ひてん」
⑤ (多く助詞「や」「な」などを付けて) 相手に対する婉曲な要求を表わす。…て(くれる・くださる)でしょうか。…でしょうね。
※竹取(9C末‐10C初)「翁の申さん事、聞き給ひてむや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てむ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

てむの関連情報

他サービスで検索

「てむ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.