Rakuten infoseek

辞書

てて【テテ】

デジタル大辞泉

てて[格助・接助]
[格助]《格助詞「とて」の音変化》名詞、文の終止した形に付く。引用を表す。…といって。
「何やら目出(めで)たい祝ひぢゃ―、大きな重箱に目へ入る様な餅七つ」〈浄・手習鑑
[接助]《接続助詞「とて」の音変化》助動詞「じゃ」「た」の終止形に付く。…といっても。…としても。
「いかやうに言ひやった―言ひ負けて居ませうかいの」〈伎・浅間嶽
[補説]近世、特に前期の上方で用いられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てて
( 接助 )
〔「といって」の意の「とて」の転。近世語〕
活用語の言い切りの形に付く。
理由の意を表す。…というので。 「何やら目出たい祝ひぢや-、大きな重箱に眼へはひるやうな餅七つ/浄瑠璃・菅原」
逆接の意を表す。…であっても。 「誰ぢや-傾城に成りたうて成る者は一人もない/歌舞伎・傾城江戸桜」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てて」の用語解説はコトバンクが提供しています。

てての関連情報

他サービスで検索

「てて」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.