Rakuten infoseek

辞書

てえ【テエ】

デジタル大辞泉

てえ
[連語]と言う」の音変化。くだけた言い方。「ってえ」の形でも用いられる。「なんてえやつだ」「するってえと」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てえ〔てへ〕
[連語]「と言う」の已然・命令形「と言え」の音変化。→ちょう[連語]
「我のみや子持たる―ば高砂の尾の上(へ)に立てる松も子持たり」〈拾遺・雑賀〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てえ
( 連語 )
〔「と言う」の転。話し言葉でのくだけた言い方。「ってえ」の形でも用いられる〕
…という。 「だれに聞かれたって構やしません-ような風情だった」 「あいつっ-男はなんというやつだ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てえ
( 連語 )
〔「と言ふ」の已然形・命令形に相当する「と言へ」の転。中古の和歌にのみ見られる語〕
…という。…といいなさい。 「今さらにとふべき人もおもほえず八重むぐらして門かどさせり-/古今 雑下」 「昔より名高き宿の言の葉は木の下もとにこそ落ち積る-/拾遺 雑秋

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てえ てへ
連語〙 「と言う」の已然形命令形に相当する「と言え」が変化した語。
※古今(905‐914)雑下・九七五「今さらにとふべき人もおもほえず八重むぐらしてかどさせりてへ〈よみ人しらず〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てえ
〘連語〙 「と言う」の変化した語。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉四九「幾らカクラてえお強請(ねだり)申すのでげすから貰ふ方では限りはねえ」
※杏の落ちる音(1913)〈高浜虚子〉二「名高い堀の小万さんてエのは、妾共たア又一段古い人なんです」
[補注]「と言う」の連用修飾の形「と言っ(た)」にあたる「てっ」の例も見られる。「滑・浮世風呂‐四」の「これをおめへに買(かへ)(テッ)たら高々三文だろう」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てえ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

てえの関連情報

他サービスで検索

「てえ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.