Rakuten infoseek

辞書

ていと【テイト】

デジタル大辞泉

てい‐と
[副]《室町から江戸初期にかけて用いられた語。「ていど」とも》たしかに。まちがいなく。きっと。
「―し損なはうと思うて、色々案じてあるに」〈虎明狂・武悪

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ていと
( 副 )
〔「ていど」とも。おもに中世に用いられた語〕
きっと。必ず。 「先の落ち様には-死ぬると思うてあつたは/咄本・醒睡笑」
たしかに。まちがいなく。 「 -お持ちやるまいか/狂言・二人大名 虎寛本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てい‐と
〘副〙 (室町時代から江戸初期にかけて用いられた。古くは「ていど」)
① 動作、行為がゆるぎなくたしかなさまを表わす語。たしかに。間違いなく。
※両足院本山谷抄(1500頃)一二「花のさかうとするを寒がていどをさゆるぞ」
※耳底記(1602)一「制の詞と云ふは、ていど禁制するなり」
② 推定、判断がゆるがないさまを表わす語。きっと。必ず。
※虎明本狂言・武悪(室町末‐近世初)「てひどしそこなはふと思ふて、色々あんじて有に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ていと」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ていとの関連情報

他サービスで検索

「ていと」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.